-PR-

ホーム » 悩み別 » 紫外線は肌老化の原因になる?肌のしわケアはUV対策もしっかりと

紫外線は肌老化の原因になる?肌のしわケアはUV対策もしっかりと

紫外線が原因で、シワが出来たり深くなったり
するって本当?



厄介なシワ、ほうれい線などの原因は加齢によるもの。
ただ、外的刺激が原因になることだってあるんです。
年齢とは関係なく、お肌の大敵。それが紫外線。


紫外線が肌にあたると、なぜシワによくないの?


理由は2つあります。
1.肌老化を引き起こす
日光を浴びることによって、お肌の「防衛本能」が働きます。
肌を日焼けから守るために、メラニン色素ができて、ターンオーバーで
ポロポロはがれてなくなります。

ただ、その紫外線を何回も浴びているとターンオーバーが十分に
機能せず、周期が遅れてしまうことだってありうるんです。


お肌の新陳代謝がうまくできないから、いつまでもお肌にクスミやシワが
残ってしまうことになってしまいます。


お肌が老化した状態が続いてしまう。これが厄介。


2.コラーゲンに影響が出る

肌の真皮の部分にある、「コラーゲン」。
シワの原因になるのはコラーゲンの不足によるもの。これがないと、
お肌のハリが失われてしまい、シワができやすくなってしまうんです。


紫外線というと、お肌のシミということをイメージしがち。
でも、肌の老化を招き、シワができやすくなるというのだから恐ろしいもの。


お肌の保湿だけでなく、しっかりとUVケアもすることが大事です。
せっかく美容液や化粧水で潤いとハリをキープしても、紫外線用の乳液を
塗らなければ、結局は同じ事になりかねません。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。