-PR-

ホーム »  顔全体 » 朝起きたら顔に跡がつくことが多い方 | 寝ジワは肌の弾力不足

朝起きたら顔に跡がつくことが多い方 | 寝ジワは肌の弾力不足

朝起きたら、顔に何かの跡がくっきりついていた。
この”寝じわ”を何とかなくしたい。対策方法は?



寝ているときは無防備になっているから、顔に何かがあたっても
気付かずそのまま。それが枕の角だったり、マスクだったり、
場合によっては自分の腕だったり、髪の毛のときも。


いわゆる「寝じわ」というやつです。


で、朝起きて鏡を見たら跡がくっきりのこっていてビックリ。
そうなってしまうのは、ある程度は仕方ないかもしれません。


寝ジワが厄介なのは、その跡がなかなか取れないこと。


ただでさえ、朝は時間がなくてバタバタすることが多いのに
寝跡を取るのに時間を取られてしまうのは、辛いですよね・・


このページでは「寝ジワ」の解消方法を紹介します。


-スポンサーリンク-

寝ジワを即効で取るには??

寝ジワが起こるのは、ずっと顔の皮膚が圧迫されてしまって、
元の状態に戻らないことが、大きな原因です。
枕や布団なんかに顔を押しつけるとできてしまいます。


即効で取るには「血行を良くする」ことで改善します。


具体的には、顔に冷やしたタオルをあてる。その後すぐに熱いお湯に
浸したタオルを同じ場所にあてる。
「温⇒冷⇒温」この繰り返しによって、跡が消えやすくなります。

寝跡を予防することも大事

寝じわが起こるのを、そもそも何とかしたい!その時は「化粧品で弾力を補う」。


寝シワが出来ても戻りにくいというのは、お肌の弾力不足。
肌を押してみても、跳ね返ってくる力が弱いからです。



女性であれば20代後半から、弾力のもととなるコラーゲンが
徐々に失われてきます。コラーゲンをサプリやドリンクで補うか、
コラーゲン生成の化粧品を使ってケアすると良いでしょう。


ただしスキンケアだと、直接皮膚の奥にコラーゲンが届きません。
代わりに「コラーゲン生成をサポートする成分」が必要です。



具体的に肌の弾力を取り戻すには、下記のページが参考になりますよ。
弾力復活にはコラーゲン以外の成分を⇒


朝のスタートをスムーズに切るためにも、普段からのハリケアが大事です。
もちろん寝るときに横向きやうつぶせにならず、仰向けをキープするのが
一番の寝跡対策なのですが・・


乾燥しやすい環境にいることも、寝跡の原因の一つといわれています。
だから、跡がつきやすい人は加湿器をかけながら寝るというのも
一つの方法かもしれません。


« スポンサードリンク »
タグ / 朝 顔 跡
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。