-PR-

ホーム » 悩み別 » 顔が老けて見える原因はどこにある?若く見せたいなら注意したい3点

顔が老けて見える原因はどこにある?若く見せたいなら注意したい3点

何となく昔から、老けて見られることが多く嫌な思いをしている・・
せめて、もう少し若く見られるにはどうすれば良いの?



もって生まれた自分の顔は、ある程度受け入れなければなりません。
人間にはそれぞれの特徴があり、昔から童顔に見られることも多ければ
老けて見られることも多い人もいます。それは人それぞれ。


いわゆる「老け顔」というのは、年相応に見えない顔のこと。
大きな苦労をしたり、疲れがたまっていてもなるのですが、
元々の顔のつくり+お肌のケア不足で見られることもあります。


しっかりケアすればある程度の老け顔は解消できます。


だからこそ、毎日のケアでしっかりカバーをすることが必要です。
では、顔のどこのパーツをどのようにケアすれば良いのでしょうか。
老け顔に見えるのは、次の3つの原因からなります。


1.目元と口元のたるみ。


 ・年齢と共にたるが起きてくるのは仕方がありません。それが目元と口元
  に波及してくると、生活に疲れたような印象を与えてしまいます。
 ・頬やフェイスラインのたるみよりも、老け顔対策としてはこちらが重要。

<対策>
 ・たるみが起きるのは肌のコラーゲン不足による弾力不足が原因。
  だからそれを補う化粧品でケアする必要があります。
 ・ビタミンC誘導体やレチノール入りの化粧水がコラーゲンをサポート。
 ・特に口元のたるみ対策は、転がして使える美容ローラーも併用を。


2.肌にハリがない。肌の色がくすんで見える。


 ・お肌にハリがないと、顔全体がしぼんだように見えてしまい若々しさを
  感じさせません。
 ・肌がくすんでいると表情に明るさが出ず、重苦しい印象を与えてしまいます。

<対策>
 ・1同様、肌のコラーゲン不足によるたるみが原因なのでビタミンC誘導体
  入りの美容液を使うか、「ハリアップ化粧品」を使って肌に膜を作り
  ハリを持たせるという方法があります。
 ・肌のくすみはターンオーバー不足によるもの。だから運動や食事などの
  生活習慣を規則正しい物にすることが大事なんです。


3.表情筋の衰えから、表情がこわばったようになる


 ・お肌の状態も大事ですが、普段からの表情もとっても大事。
  表情が豊かに作れない人だと、覇気がないように見えてしまいます。
  それが年齢よりも老けて見える原因と繋がってしまうのです。

 ・老け顔=相手に暗い印象を与えてしまうという要素が非常に大きいです。


<対策>
 ・表情筋を鍛えるには、美顔器やマッサージでこまめにエクササイズ。
  特におすすめなのが「顔層筋メソッド」という手法。表面上をケア
  するのではなく、マッサージで肌の奥を刺激するから効果的。

 ・普段から、人がいないときに口角を持ち上げる表情癖を付けておく
  というのも効果的。口周りにテープを貼るという手段もあります。
 
表情筋を鍛えられる専用の美顔器もあります。


自分の今の状態を、鏡でチェックしながら。もしくは人に意見を聞きながら。
1〜3のいずれかに当てはまる部分をチェックして、個別に対策をとるのが
望ましいでしょう。


若く見られたいのなら、ケアを続ければ状況は変えられる!
« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。