-PR-

ホーム » 悩み別 » もち肌になりたい女性は必見!美肌になるための3つのケアポイント

もち肌になりたい女性は必見!美肌になるための3つのケアポイント

ad7.jpg
私の周りの友達にいる、「もちもちした肌」の女の子。
私もああいう風にもち肌になりたい!どうすればいいの?



見ているだけで、指で頬をぷにっと押してしまいたくなるような
肌の子って結構いたりしますよね。それは自分の友人であったり、
町で見かける女性だったり・・


当然、そんな肌になれたらうれしいですよね。


家に帰って自分の肌を鏡でみると「ザラザラさめ肌」でガッカリ・・
それなりにケアをしているだけど、どうしてこうも差がでるんだろ。


生まれ持った肌質の違いだから。。とあきらめる必要はありません。
毎日のスキンケアをしっかりすれば、近づけることは十分可能。



そもそももち肌とは、どういう状態のことを指すのでしょう?
辞書によると「つきたての餅みたいにキメが細かくて滑らかで白い肌」
とあります。


要は「しっとりした潤いと弾力そして白い肌」という状態を指します。
この3つの条件を満たすのは、なかなかハードルが高いかもしれません。
全てを一つの化粧品でカバーするのは現実問題として難しいです。


・潤い=乾燥肌対策
・弾力=ハリ
・白い肌=美白
どれもエイジングケアで解決したい悩みばかりです。


3つの条件と自分のお肌を照らし合わせて、
不足しているものを補うのが現実的かもしれません。



具体的なケアは
[乾燥肌・弾力対策]
・肌にハリをもたらす化粧品を使うのが効果的。具体的なものでいうと、
 「ラサーナ海藻オールインワンゲル」「フィトリフト」あたりがおすすめ。


・一般的な化粧品と価格帯も同じなため、お財布にも優しいです。
 いずれもお肌にハリをあたえつつも、肌にうるおいを与えてくれます。



[美白対策]

 ・美容液やクリームで美白効果を謳ったものがおすすめ。


 ・即効性を求めるならハイドロキノン配合の美白化粧品。
  ただ肌刺激がやや強いので様子を見ながらの使用がおすすめ。


 ・肌の内側からの白さを求めるならプラセンタ。ただし即効性はないのと
  やや高価なのがデメリット。



以上、それぞれの対策を簡単にまとめてみました。大きく分けて2つのタイプの
化粧品選びのポイントを記しましたが、自分に合ったケアをまずは実践。


もち肌というのは元々備わっている女性に多いのが特徴。生まれつき
肌質が悪いとそこに追いつくまでのハードルがやや高いのも事実。


ただ、対策方法はある程度明確なので、あとはいかに根気強くケアできるかが
カギとなるでしょう。


モチモチ肌は、同性からも異性からも愛されるお肌。簡単ではないからこそ、
手にしたときの満足感は大きなものがあるかもしれませんね。
もちもちの肌になった後は赤ちゃん肌を目指すのもいいでしょう。


女性からも男性からも憧れられる「もち肌」で周りを驚かせましょう。
« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。