-PR-

ホーム » 悩み別 » 顔にしまりがないと言われる | 口元のたるみ解消のちょっとしたコツ

顔にしまりがないと言われる | 口元のたるみ解消のちょっとしたコツ

自分では意識していなかったけど、人からは「しまりがない」と言われる。
持って生まれた顔だから仕方ないかもしれないけど、なんとかしたい・・


「顔になんとなくしまりがない」といった悩みを持つ方。見た目でかなり損
した人生を歩んできているのではないでしょうか。普通にしているつもりでも
「やる気がない」「覇気がない」といって、勝手に怒られたりしませんか。


眠そうとか、疲れているといった体の調子が悪そうな印象も与えてしまいます。
本人からしてみれば、至ってやる気はあったりするのですが。内に闘志をもやして
その分頑張ればいいのですが、そもそもそう見られてしまうことが微妙。


原因はいろいろとありますが、
・口元のたるみ、ゆるみがあってだらしなく見える
・顔全体に肉がつきすぎている。いわゆる小太りの状態。
・顔全体のパーツが小さめで、ぼやっとした印象を与える

などがあります。中でもはじめに申し上げた、「口元のたるみ」が原因という方が
非常に多くを占めています。


口元がたるんでいる=口角が下がっているという図式が成り立ちます。まずは口角を
引き上げていくことが何よりの対策。スキンケアのときに、口角を引き上げるように
して化粧水を付けていく、などマッサージ+リフトアップ成分を組み合わせると効果的。


あと普段から口元がぽかんとあいてしまいがちな方も、改善が必要。普段から意識して
口を閉じて口角を上げる。ちょっとだけ微笑んでいるような状態をキープするくらいで
ちょうどいいです。人前では極端にやらない方がいいと思いますが。


そして気をつけたいのが寝るとき。無意識のうちに口呼吸で眠っている方も多いんです。
マウスピースをはめたり、口に専用テープを貼って鼻呼吸に強制的に変えてしまう。
はじめは違和感がありますが、ものの数日で慣れてきますよ。


寝ているときから口を閉じる習慣をつければ、自然と口元も引き締まってきます。
普段からのマッサージと平行させながら、取り組んでみると良いかもしれませんね。
だらしなくたるんだ顔も、口元一つで印象はがらっと変えられます。


見た目だけで損する人生とサヨナラするためにも、根気強く取り組んで明るい毎日を。


« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。