-PR-

ホーム » 化粧品 » 肌を甘やかさないスキンケア方法|肌断食で失敗しないために

肌を甘やかさないスキンケア方法|肌断食で失敗しないために

ad1.jpg

肌断食をして お肌が自ら潤う力をつけたいと思っている。
でも続くかどうか心配・・失敗したらどうなるの?


どうも最近 お肌の乾燥がひどくなってきた。
化粧水をいくらたっぷり使っても 潤わない。
保湿してないときと 普段の差が激しい。


わたしたちはいつの間にか 保湿が当たり前に。
スキンケア化粧品を使わない日はないし
常に新しくていいものを求めている。


お肌に水分補給をついついしすぎてしまう。
それってお肌には良くないことなんです。


過剰に 肌に栄養分や水分を与え続けるのはだめ。
潤いを与え続けないと肌が潤いを出さなくなります。


化粧水を使わないときは「すぐ乾燥する」状態に。


乾燥するのは 化粧水をつける量の不足と勘違い。
更にたっぷり化粧水をジャバジャバやる。
そうした「保湿依存症」の状態になってません?


肌は本来「自分で潤う力」を持っています。
肌を甘やかして 水分を補給しすぎないこと。
そこで見直されている「肌断食」。



名前の通り 一定期間 お肌に何も与えないケア。


100%与えないのではなく ファンデを薄く塗る。
クレンジングでメイクは落とす。それ以外は無し。
洗顔は基本ぬるま湯のみで行う。



お肌の持つ自然の力を引き出させるための「荒治療」。
肌断食に興味がある方は「やってみたいけど不安」。
失敗したらどんな風になるのか気になりますよね。

参考:(体験談)肌断食、スキンケア、やめました。

肌断食をするとこのような症状が起こります。
・顔中に角栓が出やすくなる。
・肌荒れやニキビが起こりやすくなる。
・角質が目立ってかさかさしてしまう。



お肌が潤う"準備期間=生まれ変わる"時期。
お肌が汚くなったり荒れるのは仕方ない。

この気持ち悪さに耐えられるかがポイント。


メイクでも うっすら肌状態の悪さは見えます。
それでも外出しなければならいないの辛さ。
一ヶ月とか 山ごもりするなら話は別ですが。


この状態を「失敗した」と勘違いしてしまう。
もしくは耐えられなくなって辞めてしまう。
そうしたリタイヤする女性が多いんです。



我慢できずに すぐ洗顔したりピーリングをする。
表面的には お肌はツルンとなりますが
以前と同じ お肌の状態に戻っただけのこと。


肌断食をする期間ですが これといった期間は
特に決められていません。週末だけのものから
1ヶ月もしくは1年くらいかけて行うことも。



自身のお肌の状態次第なので どこまでの期間を
もってどこまでのレベルを求めるのかによって
長さは違ってきます。


一般的には 金曜日の夜から日曜の夜までに
集中して行う「週末肌断食」を行う人が多いです。
仕事がお休みの期間を利用してまずは様子見。


週末肌断食について興味があるかたはこちらを。


お肌が荒れるのが どうしても抵抗がある・・そんな方へ。
毎日仕事もあるし お肌が荒れるかもしれないのに
そこまでのリスクは負うことができない・・という場合も。


肌荒れを気にせず 肌本来を潤う力を高めることができる
「オラクル」のスキンケアセットを使うというのも手です。
肌本来の力を呼び覚ます効果が期待できます。


参考:夜だけ美容断食
« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。