-PR-

ホーム » 美容成分別 » 肌のハリ不足はコラーゲンを採ればよい?たるみ肌の弾力を復活させる成分

肌のハリ不足はコラーゲンを採ればよい?たるみ肌の弾力を復活させる成分

皮膚の弾力復活に、コラーゲンを考えている方へ。
果たして本当にそれで良いのでしょうか?



最近肌のハリが全然なくなってしまっている。スキンケアしても駄目。
コラーゲン入りのものを使いたいけど、効果が心配な方へ。


段々とお肌から失われていく肌のハリツヤ。20代のころはあったのに
30歳を過ぎたあたりから徐々にその衰えを実感してくるかもしれません。


皮膚を押しても戻ってこない・・それは明らかに弾力不足です。


コラーゲンを検証する前に、そもそも弾力不足になる理由は何?
そこから紹介していきたいと思います。


-スポンサーリンク-

皮膚が弾力不足になる理由

肌の真皮にあるコラーゲン。この量が年と共に減少することで、
肌の弾力がなくなってくるんです。さらには肌の表皮にある
潤い成分なんかも年とともに減少し、ハリの無さが目立ちます。


肌にハリがなくなって、乾いてしょぼんとした様な肌になります。


すべてはコラーゲンが不足しているため。だからコラーゲンを補う。
理屈としては合っているのですが、現実はそう簡単にいきません。


コラーゲンはどうやって補えば良い?


実際に体内にコラーゲンを入れるのは至難の業なんです。
ドリンクなどのように口から入れると、アミノ酸に変わります。
粉末だろうが液体だろうが、同じ理屈になります。


スキンケアでコラーゲンを補いたいところですが、
コラーゲンがある皮膚の場所は「真皮」と呼ばれる奥深い場所です。
化粧品だとそこまで届かないというのが、難点なんです・・



コラーゲンは肌に塗っても弾力不足には、役に立ちません。


方法としてはコラーゲンの生成を「助ける」成分を取ることで
皮膚の弾力・ハリ不足を解消するという方法があります。



具体的な成分としては「ビタミンC誘導体やナイアシン・レチノール」
これらを含むスキンケアを使うのが鉄則です。


もう一つは、コラーゲンが破壊されないようにガードする成分も必要です。
加齢によって体内に活性酸素が蓄積されると、コラーゲンが壊されてしまいます。
コラーゲンは「補う」だけでなく「キープする」ことも大事です。


活性酸素を除去する「レスベラトロールやリコピン」などの抗酸化成分。
これらがコラーゲン破壊を食い止めるのに活躍してくれます。
スキンケアよりも、サプリなどで口から摂取する方法が主流です。



コラーゲンでなくとも、肌の弾力を取り戻すのに効果的な成分は多々ありますよ。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。