-PR-

ホーム » 美容成分別
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

コーヒーがシミ予防になる?肌の老化防止にポリフェノールが効果的な理由

毎日のようにコーヒーをのんでいるけれども コーヒーは
シミを防ぐ効果があるっていうのは本当なのかな?


鏡で自分の顔を見ると シミそばかすが増えてきて嫌になる。
そういう経験をお持ちの方も たくさんいると思います。


シミって一度できたらなかなか消えてくれないから厄介。
美白化粧品を使っても 3ヶ月近くかかってようやくシミが
ターンオーバーによって排出されることもあります。


今できているシミの対策も重要なのですが できないように予防
そうした心がけも 非常に大事なんです。


シミ対策として基本なのは「紫外線対策」。外出するときは当然
日焼け止めを塗ることが必須です。短時間の外出だったり忙しい時は
ついUV対策をせずに外にでてしまいますが これが一番駄目です。


たとえ短時間でも しっかりと顔には日焼け止めを塗って対応することが
基本中の基本になってきます。あとからじわりじわりと出てくるのが
シミという厄介な肌トラブルになってくるからです。


そうした紫外線対策にプラスして「コーヒー」をのむことも対策になります。
コーヒーが紫外線を防いでくれるの?そういう疑問をもつ方もいますが
それは違います。


コーヒーには「ポリフェノール」が含まれています。この成分というのは
肌の老化を防止するのに活躍するんです。人間の体内には活性酸素と
いう悪い酸素が常に発生して それがシミの原因になるんです。


体内に現れてしまった活性酸素をやっつけてくれるのがポリフェノール。
だからコーヒーを飲むことによって シミのもととなる活性酸素を除去する
だからコーヒーはシミ予防として効果的なんです。


ポリフェノールは体内に摂取しても3〜4時間程度しかもたないので
定期的にとり続けることで 紫外線以外からも生み出されるシミの原因を
しっかりと対処していきましょう。


あまり飲み過ぎるのもよくないですが ブラックで糖分を控えめにしながら
一日3杯くらい飲むと シミ対策にはなるのかもしれません。

« スポンサードリンク »

ターンオーバーを促進する成分の利用法|EGFとアミノ酸が肌を活性化

最近 お肌にハリがでなくて困っている。たるみはないけど
いずれ垂れ下がってしまうのかなと 不安になっている・・


お肌にハリがなくなってしまうのは 肌の弾力不足が原因です。
肌の奥深くにある 真皮と呼ばれる場所で 弾力が生み出されます。
その真皮部分の働きが衰えてしまうことにより 元気の無い肌に。


加齢による肌の衰えから 弾力がなくなってきて ハリがでない。
これは自然現象なので 食い止めることは難しいかもしれません。
あとは 失われたハリを いかにして取り戻すかがカギになります。


ここで気になるのが お肌のターンオーバー。肌は日々生まれ変わり
を行っているから ここで新しい角質が生まれることによって 肌復活。
そう考えている方も いらっしゃるかと思います。


ターンオーバーを改善することによって 新しい元気な肌が生まれます。
そこで若々しい肌によって ハリが生まれるようになるのは 事実です。
ですがそこに「潤い」もプラスしなければ しっかりとハリは出ません。


ターンオーバーを改善しつつも 角質層に潤いをしっかり与えること。
肌の真皮の衰えを 表皮にある角質層でうまく補うことができれば
まだまだ 若いお肌を取り戻していくことは 充分に可能なんです。


では どういったケアもしくは化粧品を使っていけば良いのでしょうか。
まずはお肌のターンオーバーを改善することになりますが
ピーリングで急激に角質を落としてしまうことは オススメできません。


それだけ肌に負担をかけてしまうのと 新しく未熟な角質ができやすく
今まで以上に刺激を受けやすい肌状態になってしまいます。
だから その辺のケアは慎重にするのが 良いかもしれません。


肌の表面から無理にそぎ落としてしまうのではなくて 化粧品によって
肌の内側から自然にターンオーバーが促進されるようなケアの仕方が
望ましいといえるのかもしれません。


ターンオーバー促進として活躍する美容成分に「EGF」があります。
希少価値も高く 高級な分類の成分ですがしっかり肌を活性化させます。
この成分と「アミノ酸」などの浸透力の良い成分で角質層を保湿する。


化粧品選びには「EGF」と「アミノ酸」両方が入ったものがベスト。


« スポンサードリンク »

目の下のたるみにプラセンタは効くの?顔に注射せずハリを持たせる方法

いつ鏡で自分の顔を見ても 目の下のたるみが気になってしまう・・
どうにか解消する方法って ないものなのかな?


年とともに お肌のタルミが気になる事って 珍しくありません。
目の下のたるみもその一つで かなり目立ってしまいますよね。


目の下の皮膚が垂れ下がってしまって そこに下の皮膚が重なり
影を作ったような状態になること ありませんか。目の下にクマが
できてしまったように見えて かなり老け込んで見えてしまいます。


目の下のたるみからはじまって ほっぺたの部分に波及してきて
次にフェイスライン周りと どんどんタルミが連鎖していく可能性が
高いから 早めに手を打っておきたいところでは ありますよね。


目の下のたるみ解消として「プラセンタ」が気になっている。
そんな方も少なくありません。お肌全体を美肌へと導いていく
そんな成分がプラセンタだからです。


お肌の万能薬的な効果で知られているプラセンタですが
ドリンク・サプリメントそして注射といろいろな方法があります。
特に気になるのがプラセンタ注射かもしれません。


実際に打った方のお話を聞いてみると「肌の調子がよくなった」
「ハリがでてくるようになった」「疲れにくくなった」などの効果を
実感されている方も多いというのが印象的でした。


たしかに効果はあるのかと思いますが 目の下のたるみ解消の選択肢が
プラセンタでしか解消出来ないかというと そんなことはありません。
継続的な費用も当然かかりますし 定期的に打つのも時間がかかる。


そういった面から考えると ハリ弾力を取り戻す化粧品を使ってケアを
していった方が 経済的ではあるのかなとは思います。
根本的な原因は加齢によってお肌の弾力不足が起きてしまうから。


レチノール成分が お肌の弾力作りのもととなるコラーゲン生成を助ける
役割をはたします。レチノールいりのアイクリームや美容液などを
普段のスキンケアに取り入れて継続的に使用するのがベターです。


目の下なので疲れだったり ストレスや生活習慣の乱れによる血行不良
が出やすい場所でもあるので 規則正しい生活を送ることも大事です。

« スポンサードリンク »

コラーゲンの保水力はどれだけある?ヒアルロン酸とのうるおい力の比較

お肌を綺麗にするためにコラーゲンが必要かなと思っている。
ちゃんと保水して潤いを保ってくれる物なの?


化粧水などの定番成分といえばコラーゲンとヒアルロン酸。
女性であればこれらの言葉を目にしないことはないでしょう。
中でもコラーゲンを配合した化粧品というのは数が豊富。


なんとなくお肌にハリツヤをもたらせてくれるというイメージが
できあがっているのではないでしょうか。


ただ、お肌を潤すという面においては「ヒアルロン酸」の方が
その効果は期待できると言えるでしょう。


コラーゲンもヒアルロン酸もお肌の中にもともと持っている成分。
ヒアルロン酸はお肌の角質層に存在してお肌の中で潤いを蓄えて
維持している働きがあります。


これに対してコラーゲンは肌の真皮に存在しお肌の弾力を主に
保つのに活躍しています。このことからも直接お肌の潤いに
関係しているのはヒアルロン酸というのがおわかりでしょう。


だから潤いを求めるのならヒアルロン酸入りの化粧品がいいです。
保水力としてはコラーゲンの比になりません。


コラーゲンが駄目という訳ではありませんがお肌に水分をしっかり
届けるのならヒアルロン酸をつかうのがベターな選択肢です。


じゃあコラーゲン化粧品ならお肌のハリが戻ってくるの?という
疑問もあるのかもしれませんが違います。お肌に塗ると肌奥の真皮に
まで到達するのが難しいほど、分子が大きいんです。


だからせいぜいお肌の潤いを保つ角質層に浸透して肌に潤いを与えて
あげるという効果に留まります。どちらかというと表面上だけ保水する
という表現が適切なのかもしれません。


あまりコラーゲン化粧品に多くを期待するのは難しいのかもしれません。
自分が手に入れたい肌状態をまずはしっかりと見極めた上で
それに合った美容成分を探してみるのが賢い探し方といえるでしょう。


ヒアルロン酸プラスコラーゲン入りのものだったら保水力はさらに高まる
くらいの考え方でいいのかもしれません。

« スポンサードリンク »

プロテオグリカンがあなたを美肌へと導く│肌が固くてハリがない方へ

どうも最近肌にハリが感じられない。。気のせいじゃなくて。
どうやったらハリを取り戻す事ができるのかしら?


早い人で20代後半から、一般的には30歳を過ぎると少しずつ
肌のハリのなさを実感していくことがあります。
それもそのはず、その辺りから肌の老化ははじまっているから。


化粧品をいいものに切り替えて一時的に良くなったものの
時間が経つと又元の状態にもどってしまう・・そんな方も
少なくありません。


もともとはお肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチン自体が衰えて
弾力やハリが失われてしまうことに原因があります。
失ってしまうのは自然現象なので仕方がないかもしれません。


ハリだけでなく弾力もないので、お肌が段々固くなってくることも。
おまけに肌の保湿機能も低下するから乾燥しやすくてますます
元気の無い肌に見えてしまうから厄介なんです。


こうした肌の衰えを解消して若返りを図りたいところではあります。
解消するポイントとしては「乾燥」そして「弾力」この2つが
カギになってくるかと思います。


まずお肌の乾燥から。ハリと乾燥って関係あるの?と思われる方も
いるかもしれません。ですが実際のところ関係は大いにあります。
お肌に水分がたっぷりとあることで内側からハリが出てきます。


そして弾力。コラーゲンを直接肌に補給できればいいのですが
現実問題として化粧品でもサプリメントでも難しい物があります。
だからコラーゲンが生み出しやすい「環境」をつくってあげます。


乾燥とコラーゲンの働きをサポートする。この2つが同時にできるのが
プロテオグリカン成分なんです。あれこれ化粧品を購入しなくても
この一つの成分で肌にハリを取り戻す環境を作り出せます。


まだまだ知名度としては充分ではないかもしれませんが、
そうした成分を含む美容液などを使ってケアを続けていきましょう。
もちろん、日頃から肌の新陳代謝を高めておくのも重要になります。

« スポンサードリンク »
1 2 3 4 5 .. 次のページ »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。