-PR-

ホーム » 年代別

顔のたるみが治らないのはどうして?50代で急速に失う美容成分とは

顔にできた、頬やアゴのたるみ。ケアしても全然ダメ・・
やっぱり諦めるしかないのかな・・


50代女性の肌悩みのベスト1・ベスト2は「しわタルミ」。
年齢を重ねると共に宿命ともいえる、この悩みは厄介。


まだ肌にハリ弾力がある20代のころならまだしも、
50代ともなればその力もどんどん失われてしまいます。


最大の原因は「コラーゲン・ヒアルロン酸」の不足。
これらの名前を出すと、すぐにお化粧品を連想される方も
多いのかもしれません。


本来は、人間のお肌に存在している成分なんです。
コラーゲンはお肌のハリや弾力、ヒアルロン酸はお肌の保水。
特にコラーゲンがしわタルミの有無に直結しています。


20代後半からコラーゲンの生成能力が落ちてくるから、
40代50代ともなればかなりのコラーゲンを失っています。


20代と比べると、おおよそ半分の量に半減している衝撃の事実。
それだから、お肌のたるみがなかなか治らないのも納得できますね。


だからといって、ケアを諦める理由にはなりません。
少なくなるからこそ、日々のケアが大事な役割をしめています。


化粧品で美容成分を補う、器具で顔をリフトアップするなどの対策が
今すぐにでも必要でしょう。エステというのも脚光を浴びています。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。