-PR-

ホーム »  20代

目元の小じわ対策に効果的なのは?20代から肌乾燥が気になる方

まだ20代だというのに、目元に小じわができて目立つ。
早くなくしたいんだけど、どうやってケアすればよいの?


よくお肌の曲がり角は○○歳なんてことが言われていますが
それは目安であって、個人個人でマチマチなんです。
実際にお肌にトラブルとなって表れてきてしまうのは。


早い女性で20代から小じわが目立ってきてしまうことがあります。
もともとお肌が乾燥しやすい状態にあるかもしれませんが、
加齢によって角質層の水分保持機能が衰えていることも要因。


小じわが一番発生しやすいのがお肌の乾燥。しっかりと保水保湿を
行っていればこうした問題に頭を悩ませる必要もなくなります。
お化粧しても以外と小じわって目立ってくる物なんですよね。


乾燥対策として多くの場合「保湿」ばかりに目がいってしまいがち。
ですが保湿しても顔の小じわが増えてしまうのであれば化粧品で
しっかり対策ができていないことの現れでもあります。


お肌の水分量を保つには、保湿だけでなく「保水」も大事なんです。
お肌のNMFという天然保湿因子にたっぷりと水分を与えてあげないと
いくら保湿しても、ベースがカラカラであれば全く意味がありません。


あくまで保水あってこその保湿です。その点をはき違えないように
注意した方がよいかもしれません。
保水成分がたっぷり含まれた化粧水を使うのが重要なポイント。


白樺エキスやプロテオグリカンなどの美容成分を配合した化粧水。
こうした保水に特化した成分を使うことによってお肌が潤う土台を
作り上げます。その上でクリームなどによる保湿がきいてきます。


特に日中はオフィスで働く女性にとっては、小じわがじわりと出るのは
避けたいところですよね。化粧水スプレーや保湿クリームなどを持参
している方も多いかもしれませんが、まずはスキンケアをしっかりと。


その場しのぎの対策をしなければならない場合もあるかもしれません。
ですが面倒くさくても朝のスキンケアでしっかりとお肌の土台を作れば
長い目で見れば小じわが気にならない潤い肌になれそうです。

« スポンサードリンク »

美白したい10代20代女性へ|抑えておきたい紫外線対策と化粧品選び


もともと肌の色が黒いというわけでもないけど、白くもない。
女の子らしい、透きとおるような白い肌に生まれ変わりたい!


小麦色の方が健康的で良いという人もいれば、色白の方が女性らしくて
良いという人もいます。どっちだから良い悪いというのはなくて結局
その人の価値観次第。


だから周りの意見に流されずに自分がなりたい肌の色を目指してケア
して欲しいのですが、それでも白い素肌に憧れる10代・20代の女性へ。
肌トラブルもなくお肌にハリツヤがある今だからこそ、美白が引き立ちます。


肌のターンオーバーが乱れてくる30代以降の女性だと、代謝不良による
くすみが目立ってくるのでその点を解消する必要があるかとは思いますが
まだそこまでは心配する必要はないでしょう。


なので、お肌を白くするには美白化粧品を使うことがまず第一。
ハイドロキシン配合のものがおすすめなのですが、若干お値段が高いかも
しれません。


この手の化粧品成分は大きく分けて2つのタイプがあって、メラニンの生成を
抑えて事前に肌をケアしていくもの。それとできてしまったシミを消して美白に
していくものがあります。


ただこの場合はシミが出来ていることは想定していません。なのでビタミンC
成分がおすすめ。肌の表面を直接白くする効果が期待できるからです。
ビタミンCそのままだと浸透力に問題があるから、誘導体を使った物を。


毎日の化粧水や美容液でビタミンC誘導体入りのものを使って肌を美白にする。
それに加えて美白クリームなどを仕上げに塗ると良いでしょう。化粧水から
クリームまですべて美白にしてしまうと、刺激が少々強いかもしれないので
その辺は状況に応じて加減してください。


あと気をつけたいのが紫外線。外出して無くても天気が悪くても常にUV対策は
必要。さすがにお部屋の中までサングラスは必要ないですが、UVクリーム
くらいは塗っておきましょう。メラニンが蓄積すると、肌色が悪くなります。


美白化粧品と紫外線対策をしっかりすれば、若い肌はどうにでも変えられます。

« スポンサードリンク »
タグ / 美白したい

目の下にしわがくっきりできた|20代でも肌の老化って起きるの?

ふとしたときに鏡を見たら、目の下にくっきりとしたシワが1本。
まだシワで悩むような年でもないのに・・


まだまだ肌トラブルなんて先の話だと油断していたら、いきなりできたシワ。
特にまだ若い女性にとっては急にできたら焦りますよね。


目の周りは皮膚が薄いので乾燥にさらされやすく、乾燥じわができやすいです。
ただくっきりと出来てしまうこともあるから、簡単にはとれないのが厄介。
しかも、10代20代でもクッキリしたシワで悩んでいる人が意外に多いんです。


ここで気になるのが、お肌の老化減少によるシワかどうかという点。意識が高い
女性であれば早くもアンチエイジング化粧品を使い始める人もいたりします。
ですが、そこまで心配するような状況でないのは確かです。


たしかにお肌の老化は25歳からで30前になってくると色々とトラブルが気になる
ところではあります。ただ今回のケースは肌老化ではなく乾燥じわの可能性が
高いので、そこまで神経質になる必要はありません。


ケアの方法としては「肌をいたわる」「血行をよくする」この2つがカギ。

1.肌をいたわる
 ・目の下の乾燥が起きてしまうのは肌バリア機能が壊れたせいかもしれません。
  普段から洗顔の時に無理にこすったり、強力なクレンジングを使っていませんか?
  アイメイクをしているならコットンで落とすときの摩擦にも注意が必要です。

 ・上記のどれかに当てはまるのなら、今一度肌に優しいケアをしてバリア機能の
  回復を待ちましょう。


2.血行をよくする
 ・目元の血行がわるいと肌代謝が悪くなり、古い角質が残ってシワになりやすいです。
  だから目に蒸しタオルを定期的にあてたり、リンパマッサージをして血行を良くして
  あげるケアがとっても重要なんです。

3.保湿ケア
 ・最後に必要なのが保湿ケア。スキンケアで化粧水などを含ませているかとは思い
  ますが、最後の仕上げは目元専用のアイクリームでしっかり保湿。皮膚が薄い分
  しっかり閉じ込めてあげる必要があります。

肌を大切に、そして血行を良くした上で保湿ケア。そうすれば乾燥じわも怖くないです。

« スポンサードリンク »

肌にハリがないと感じる20代女性 | APPSとセラミドの力で美顔に

20代中盤から後半にかけて、だんだんとお肌にハリがなくなってきた・・
本格的なエイジングケアを始めた方がいいのかな・・


同じ20代でも、25歳を過ぎた辺りからハリのなさを訴える女性が
増えています。そうなるのにはちゃんとした根拠があって、
お肌の老化が25歳を境に進行していくんです。


ハリがなくてだらんとしたような感じの顔になってしまうのは、
肌の弾力不足。お肌の弾力は肌の奥深く、真皮という場所で作られる
コラーゲンによるもの。


老化とともに、コラーゲンが少なくなってふっくらしていた肌が
しぼんだようになってしまいます。


だから一番の対策は、お肌のコラーゲンを復活させること。
ただ、ドリンクとして口にいれるとアミノ酸に変わってしまうし、
化粧品で肌に塗っても、コラーゲン分子が肌の奥まで届かない。


となると、どうすればいいの?と思うかもしれませんが、手はあります。
直接コラーゲンを送り込むのは難しくても、コラーゲンを「助ける」成分が
あればお肌のハリに繋がります。


その成分とは、ビタミンC誘導体。化粧品などでもこの成分を謳ったものが
たくさんあるから、その名前をご存じの方も多いことでしょう。
ビタミンCに、浸透しやすくするための誘導体を合体させた成分なんです。


お肌の奥まで浸透して、ビタミンCがコラーゲンの生成をサポート。
もっと浸透力を高めたければ、APPSという進化系もあるのでそちらもチェック。
化粧品を使って、肌のハリを復活させる数少ない方法の一つとして注目なんです。


ただ気を付けたいのが、ハリが戻っても潤いがなければ輝いて見えません。
弾力ケアと同時に、普段からの保湿ケアもしっかりと行ってください。
保湿と言えば、セラミドという強力な成分がおすすめ。


ハリ対策に効果的な2つの成分「APPSとセラミド」のパワーで肌ケアを!




« スポンサードリンク »

20代なのに眉間にしわが出来る | おでこの表情じわをテープで治す

まだ20代だけど、ちょっとしたときに眉にしわができやすい。
友達から指摘されてショックを受けた・・


自分の表情の「癖」って、人に指摘されないとなかなか気付かないもの。
眉と眉の間にシワができると言われて、そんなん誰でもあるんじゃない?と
思って周りの人を観察したら、意外とそういう人がいなくてビックリ・・


自分だけだと気付いたから、すぐに対策をしたい!
あまり人にいい印象を与えることがないから。好印象のためにも。


眉間にできるシワは、「表情じわ」の一種。目尻にできたり、
おでこにできたり、人によって出来る箇所って全然違うから面白い。


表情じわに対する、ケアの仕方は2段階あります。


まずは1段階目。これは一般的なシワ対策と同じようなケアを。
保湿をしっかりして乾燥を防ぐ。カサカサになるとどうしても
表面にシワが集まりやすくなってしまいますから。目の周りは特にそう。


そして直接シワに働きかけるレチノール成分のアイクリームを使う。
これだけでもシワには有効だと思います。
と、ここまでが一般的なシワケア方法。


表情じわの場合は、2段階目のケアもとっても重要。
日頃のスキンケアをしつつも、「表情くせ」を治さなければ
いたちごっこが続きます。


眉間にしわを寄せないような、日常生活の訓練が必要です。
どういうときにシワがでるのか、身の回りの人に指摘してもらう。
その場面では意識して、顔の筋肉を緩めてみる。


と、これだけでクセが治れば誰も苦労しません。
顔にある程度強制的に覚えさせるには、「荒治療」も大事。
眉間に、縦にセロテープを貼って過ごすのが効果的。


当然、表情を崩そうとしたときに気になって止めてしまいます。
常にテープがあることを意識するから、表情じわのことも
忘れることがなく、体に覚えさせる効果が期待できます。


さすがにお出かけの時にはできませんが、家にいるときは
とっても簡単にできるはず。
余計なシワが刻み込まれる前に、体に覚えさせることも必要です。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。