-PR-

ホーム »  30代

30代からの目の下のたるみ対策|手術と化粧品の棲み分けケアを

20代のころは 目の下は 特に問題が無かったけれども
30代に入ってから たるみが目立ってきて困る・・


お肌の状態が徐々に気になり始めてくる 30代の女性たちへ。
昔のように 弾力があってハリもあるような肌を維持するのは
簡単なことではありません。だからとても大変なんです。


人によって 微妙に訴える症状が違っているのが 特徴なのですが
たるみで目袋のあたりがぽっこり出たり 腫れてしまったり
目の形がたるみで崩れて 垂れ目のような状態になったりすることも。


下まぶたが 皮膚の部分と重なってしまうことによって 二重になり
横じわが入ったような状態に なってしまっているという状況も。
いずれにしても 見た目として良くないのは 明らかですよね。


目のあたりは人の視線が集まってくる場所だから タルミを隠すのに
コンシーラーを使ってカバーするのが 方法の一つとしてありますが
なかなか目の下に塗るだけでは影の部分などを隠しきれない現実。


だからどうしても メイクが中途半端な形にしかならないために
かえって たるみが目立ってしまうと言うことも 考えられるんです。


他にもマッサージやエステなどのケアも試された方は少なくないです。
ただタルミ解消となると そうした血行促進系のものでは なかなか
劇的な解消という風にはいかず 気持がさめてしまうことも多いとか。


残るは美容整形による手術や 注射などもあります。リスクの面を
考えると「ヒアルロン酸注射」をしたり「脂肪吸引」してタルミを
取るという方法が現実的かなとは思います。


比較的注射や脂肪吸引だと 術後のリスクも少なめだからオススメ。
ただ一度行えば一生大丈夫 というものではないだけに
継続して続けるだけの予算があるかどうかに かかってきます。


一度どういった効果があるのかを まずは試して見つつも
レチノール入り化粧品を継続して使って長期的な肌のケアをする。
そうした短期・長期の視点をおりまぜたようなケアが良いでしょう。

« スポンサードリンク »

30代の美白に効果がある化粧品は?ビタミンCで肌が白くなる

顔にシミができやすくなった。くすみも気になり始めた。こんな私でも
トラブルを解消して美白できる化粧品なんてあるのかしら?


さすがに10代20代のようなモチモチの白い肌に戻ることは難しいですが
大人の女性としてあこがれの対象となるような美肌を保ちたい。
その第一歩として美白スキンケアを探している、そんな30代女性へ。


30代であれば人間としてはまだまだ若い分類に入りますが残念ながら
お肌は老化がすでに始まっている年代です。お肌の代謝すなわち
ターンオーバーの周期が28日より遅れてしまうのもこのころから。


ターンオーバー遅れによる肌のクスミが起きやすいのでどうも顔色が
さえなくて、メイクをしても全然狙った白さに近づかない。こんな
もどかしい思いを抱えている方も少なくありません。


美白化粧品の前に、まずは普段の生活習慣を見直してターンオーバーを
少しでも早めるように代謝を良くしましょう。規則正しい睡眠そして
バランスのとれた食事、ストレスをためすぎない生活を意識。


そのベースを整えた上で、美白として効果がある化粧品を使うのがベター。
美白化粧品だと安くて使いやすそうなものがたくさん売られていますが
それに踊らされないようにきちんと判断する目も必要です。


選択肢としては、直接肌を白くする成分が含まれているものを選んで使う。
もしくは女性ホルモンに似た成分で肌状態を上げるという2つがあります。


本来であれば前者を選ぶのが直接的で良いのですが、ビタミンCなどの成分は
肌刺激がやや強めなので、敏感肌の女性にはおすすめできません。かわりに
大豆イソフラボンだと刺激が少なく肌を白くするのに活躍してくれます。


美白化粧品といっても、30代であれば誰でも同じ物を使えるということはなく
その人の肌状態にあったものを選んでつかうのが重要です。併せて化粧水で
保湿がしっかりできるものを使ってください。肌代謝に影響してきます。


生活習慣と化粧品、この2つの組み合わせで泥臭く頑張っていきましょう。

« スポンサードリンク »

みずみずしい肌になるには?30代40代女性に必要な3つのステップ

若かった頃のような、みずみずしい肌に戻りたい!
今からだとケアしても間に合わないのかな?


10代20代の女の子で、潤いたっぷりのみずみずしい肌を見て、
うらやましさを覚える一方、自分でも取り戻したいと思う。
でも、実際そんな潤いって、ケアして取り戻せるものなの?


「みずみずしさ」とは、良く聞く肌の状態ではあります。
でも実際に必要な条件とは何でしょうか。それに欠かせない
3つのステップを紹介します。


1.しっかりと潤いを保っていること
この状態にあることが大前提。お肌がたっぷりと水分を蓄えていて、
かつその水分が蒸発せずにしっかりと保水している状態。
乾燥肌の方だと、この状態を保つことがいかに難しいかを体感して
いると思いますが、みずみずしさの第一ハードルはここにあります。


2.お肌にハリがあること
いくら保水しても、イキイキとしたものを感じなければ、みずみずしい
とは言い難いです。お肌にハリがあって、水分を含んだ状態。
この今にもあふれ出しそうなイキの良さがポイント。


3.お肌の代謝を良くすること
1.2を満たす前の前提として、お肌自体の代謝を良くする必要があります。
ターンオーバーとは違いますよ。お肌の老廃物が排出されて、栄養分を取り込む。
そんな活動的なお肌があってこそ、潤いとハリが生きてきます。


この3つの条件を満たすことが、みずみずしさ条件といえるでしょう。
自身に不足しているものはなにか、この機会に一度自己点検をしてみることを
おすすめします。


30代、40代だからといって、決して取り戻せない肌状態ではないのは確か。

« スポンサードリンク »

肌のハリ減少を実感する30代 | 顔のリフトアップがケアの鍵

肌にハリがなくなっているのを痛感する30代。
20代の頃は特に意識しなくても肌の状態は良かったのに・・


体の衰えは20代と30代とでさほど変わらないけれど
お肌の衰えは確実に実感している人も多いのではないでしょうか。
そんな30代の人にとって、肌ハリを復活させれたら嬉しいですよね。


毎日のスキンケアで対策するのが中心になってきます。
コラーゲン不足による肌の弾力が失われているから、
ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液でケアするのは鉄板。


あとは、全体的にお肌のゆるみが出やすい時期でもあるから、
肌のリフトアップということも視野にいれておかなければなりません。
美顔器やマッサージなどで、重力に負けそうな肌を引き締める。


こうして、肌の内側と外側からのケアを根気強く続けて行くことが
肌のハリアップとして、花をもう一度咲かせるためにかかせないケアに
なっています。


肌がピンとすることと、キュッと引き締めること。この2つが揃って
はじめて、ハリのある状態としてのケアが完成。
プラスアルファで潤い補給をすれば、さらに輝くような肌に変身できます。


ハリのなさは、毎日のスキンケアである程度ケアできます。
20代でケアをさぼっていた人でも、本気で取り組めばまだ間に合います!


« スポンサードリンク »

目の下のシワに悩む30代40代女性へ | 3つのケアで疲れた顔を解消

目の下にできたシワが目立ってきて困る・・
人前に出る機会も結構あるのに、これでは恥ずかしい・・


30代や40代の働く女性なら、毎日仕事で顔を合わせる。
育児に専念している方なら、同窓会やママ友の集まりなど、
何らかの行事で人前に出るケースって多々ありますよね。


そんな時に、目の下にくっきりできはじめたシワがあると
お出かけする気力も失せてしまいそう。
どうしても年を感じさせてしまう部分だけに、厄介ですよね。


20代くらいのシワだと乾燥が主原因ですが、
くっきりしたシワになるとそれだけではいかないのも事実。
そして、完全にゼロにするには美容整形以外は厳しいです。


せめて、メイクしたときにうまく見えなくなることを目指しましょう。
乾燥した目の下の対策方法については既に紹介しましたので、
それプラス、30代からの対処方法について今回は紹介します。


肌老化とターンオーバー不足によって、お肌のシワは増えていきます。
紫外線や洗顔ケアで肌を傷めることで、お肌の表面にあるバリア機能が弱くなって
シワが目立ってしまうケースが増えています。日頃のケアにぬかりがないかチェックを。


あとは、お肌のターンオーバーが遅れていることも主原因。20代では28日周期で
肌の生まれ変わりがありますが、それ以降になるとどうしても乱れてしまいがち。
40代だと40日くらいになることもあって、古くて固いシワが表面に出たまんま。


ピーリング剤を使って強制的に周期を早めることもできますが、デリケートな目は
代謝の促進を促すマッサージなどによって、ケアすることが安全。


乾燥対策×肌老化チェック×マッサージケアの3本立てが30代以降のしわ対策
には必要になってきます。簡単ではないですが、この柱を念頭に置いてケアして
みてはいかがでしょうか。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。