-PR-

ホーム »  40代

ハリのある肌を蘇らせたい40代 | 顔を引き締める化粧品で若返る!

アラフォーをむかえるようになって、肌のハリのなさが目立つ。
ある程度は仕方ないけど、せめて若々しく魅せたい・・


20代のころとは違って、如実にお肌の調子に赤信号が灯る40代。
特に仕事や子育てなどの忙しさもあって、肌の代謝も悪くなりがち。
その上、加齢による肌機能の低下という追い打ちをかける始末。


ピンと引き締まったハリがなくても、少しでも元気のある肌を蘇らせたい。
大丈夫です、あきらめなければ道は開けるはずです。


すでにお肌のハリや弾力を作り出す「コラーゲン」は20代の半分近くにまで
減少傾向にあります。このまま放っておけば、ハリのなさは益々目立ちます。


ケアの方法としては、スキンケア×メイクアップのW対策がおすすめ。


まずはスキンケアから。洗顔やクリームよりも、化粧水・美容液がポイント。
・セラミド成分でしっかり保湿。
・ヒアルロン酸でしっかり保水。
・ビタミンC誘導体もしくはAPPSでコラーゲン対策。
この3条件を満たす化粧品を探すのが鉄則ともいえるでしょう。


肌の内側から潤いを蘇らせ、コラーゲン生成を活性化させて弾力をつける。
ふっくら肌のためには、どちらも欠かせない要素です。


ここまでは30代からのケアでもお話ししました。40代以降の方はもう一段階。
それは、ファンデーションでリフトアップ効果のあるものを選ぶことを
念頭においてください。


もともとファンデはしわやクスミを隠したり、肌色を隠すのが目的。
一方、その機能にプラスしてリフティング効果のあるファンデも発売されて
いるんです。


スキンケアでベースを作って、メイクアップで引き上げる。
このダブルケアを行うことで、締まったハリのある肌を目指せます。


デメリットは、化粧品のコストが高く付くこと。ただ、ハリが欲しければ
それなりの出費を覚悟しなければ結果はついてきません。
美容整形でコラーゲン注射を定期的に打つよりは、安く済むでしょう。


「ハリに限って」言えば、普段の努力よりも化粧品頼みでケア!


« スポンサードリンク »

くっきり目尻のシワに悩む40代 | レチノール入りアイクリームの勧め

30代のころから目尻にしわがあったけど、
40代に入ってから急に増えてきて、しかも深くなってきた・・
もうあきらめるしかないのかな?


目尻のシワで悩まされるのは40代だけではありません。
20代からも同じような悩みを持つ女性はたくさんいます。
ただ、20代と大きく異なるのが「表情じわ」ではないところ。


表情じわとは、笑った時など、特定の表情を作ったときに
一緒になって出てくるシワ。40代となると、普段から目尻のシワが
刻まれているケースが多いからそれとはちょっと違うんです。


それに加え、顔の他の部分と合わせてシワができてくることが多いから、
ピンポイントケアというたぐいのものでもありません。


若い頃からケアをおざなりにして深いシワができてしまった場合、
なかなか消し去るのは難しいでしょう。
それこそ美容サロンによるコラーゲン注射や手術だと厳しいです。


そこまで深くは無い場合、もしくは目立たない程度にしたいという
場合であれば、自宅のケアで根気強く行っていくことができます。


目尻だけでなく、顔全体のケアも必要なケースが大半だと思いますので、
まずは化粧品でしっかり保湿をして、肌の乾燥を防ぎましょう。
と同時に、紫外線ケアを仕上げにすることをお忘れ無く。


肌バリアが崩れてシワになるケースが、少なくありません。
光老化といって、紫外線がメラニンを増殖させ外から破壊。
肌の内側が乾燥することで、内部からバリアを壊してしまう。
2つの場合が考えられます。


そして、目の周りだけにしわ対策用のアイクリームで保湿+美容成分を。
ターンオーバーを促進する、レチノール成分を含む物を強くおすすめします。
保湿は当たり前のケアとして、シワに直接効く成分が40代以降のケアには重要。


タルミと違って顔を鍛えてコツコツできるものではありません。
普段から乾燥と紫外線に気を付ける「守りのケア」と、
レチノール成分でシワを改善する「攻めのケア」を平行させて対策しましょう。




« スポンサードリンク »

40代の肌老化に関する悩み | 急速に進むシワたるみをケアし美魔女に

40代、本格的なエイジングケアが必要な年代。
この年になると、お肌の悩みが増えてきて困る・・


最近では40代でも20代後半かな?と間違えるほど美しい「美魔女」が
増えてきました。テレビの世界だけでなく、実際の身の回りにも。
その一方で、そんな女性にあこがれるだけの同年代の女性。


急にお肌の老化を感じてしまうのがこの年代の特徴でもあります。
30代までだったら、許容範囲だったシワや透明感のなさも、
40代になったら一気にシワが増えてくすみがひどくなったり。


20代からの紫外線ケア、洗顔ケア、保湿ケアの「ツケ」が回ってきて
いるのかもしれませんね。


過去の自分を恨みつつも、前を向いていかなければなりません。
まだ間に合います。今からでも決して遅くはありません!


お肌の衰え全般をケアするのに効果的な成分をとることが第一。
老化の基となるのが、お肌の活性酸素。それらを取り除く成分が
含まれたものを選んでください。


具体的には、「EGF・フラーレン・コエンザイムQ10」の
いずれかを含む化粧品を定期的に使うこと。
ただアンチエイジングを使えばいいというものではありません。


あとは、見た目で効果を実感したければコラーゲンドリンクを
服用すると良いと思います。翌朝の肌のハリや透明感が違います。


その一方で、保湿対策も重要。肌の水分量はどんどん失われていく
ものだから、保水保湿を化粧水でしっかり行ってください。
ちょっと多いかな?と思うくらいの量を手にとって浸すくらいで十分。


失われがちなお肌のハリツヤを取り戻すのに、多少お金はかかりますが
しっかりとケアをしていけば、マイナス肌も夢ではありません。
睡眠や生活習慣を規則正しくしても、それだけでは劇的な改善が見込みにくいです。


今日からケアを始めて、美魔女を目指してみませんか?

« スポンサードリンク »

40代から急に顔がたるみ出して困る!化粧品とマッサージで進行に歯止め

今までは、顔を見てもその代わり具合に変化はなかった。
でも、40代に入ってから急にたるみが目立ち始めてきた・・



突然、何の前触れもなく襲って来る肌の老化。
それがたるみとなって現れてきたら、急いでケアしないと大変。
まだ40代なのに、50代に見られてしまう・・なんてこともあります。


このままだと、朝自分の顔を見るのが怖い!


恐怖心を克服するには、お肌のケアを欠かさないことが大切。
とりわけ、たるみ対策となると「複数の方法」でトライする必要もあります。


欠かせないケアのポイントは2点。


まずは、化粧品選びの見直しから。
お肌のハリをアップさせるための「リフトアップ成分」を含む化粧品を
使うと良いでしょう。コラーゲン生成を助けるビタミンC誘導体でも良いです。


肌老化はコラーゲン不足と、表情筋低下の2つの原因があるから、
当然 表情筋も鍛えてあげる必要があります。


美容ローラーでお手軽自宅エステでも良いですし、
本を見ながらリフトアップマッサージをするのも良し。
眠ってしまった筋肉を起こして、活性化が目的なので継続しましょう。


2つのたるみケアさえ怠らなければ、
急激なたるみの進行もストップ出来るはず!



面倒かもしれませんが、今行うケアが50代以降の肌にも影響してくること、
忘れてはいけません。


« スポンサードリンク »

40代からでも顔のたるみ対策は間に合う?リフトアップケアが鍵

40代になって、一段と顔のたるみが気になる・・
対策すれば、まだ間に合うかしら?



30代から徐々に気になり出した顔のたるみ。
それなりにケアはしていたけれど、40代になってさらに
状況が悪化した・・という方も少なくないでしょう。


年齢と共に、お肌の状態が悪くなるのはある意味仕方がないこと。
でも、何もしなければ現状維持さえも難しいという現実があります。


あきらめる必要なんてありません。進行を食い止めましょう!
とはいっても、10代20代と同じようなケアではいけません。


40代からのケアは、お肌のたるんだ筋肉を引き締めることを優先!



たるみの原因は「コラーゲン不足」と「表情筋の衰え」。
スキンケアでコラーゲンの生成をサポートするのも有効ですが、
生産能力の回復よりも、筋肉のケアを優先させる方が現実的。


たるんでしまった表情筋を、ハンドマッサージや美顔器で
エクササイズすることに力を入れてください。
大切なのは、継続すること。そして負荷をかけすぎないこと。


そして注意点は、お肌が乾燥した状態で無理にすると、
お肌のシワが出来やすくなってしまうこと。
適度に潤わせた状態で、ケアすることに力点を置いてください。


毎日のリフトアップ習慣が身についたところで、
コラーゲン摂取も検討してみると良いでしょう。
スキンケアよりも、直接的に働きかけるドリンクなどがおすすめ。


同年代でも、「どうしてあの人はいつも肌がきれいなんだろう」と
うらやましくなることってありますよね。


でも、人は人。持って生まれた肌質も多少は影響していますが、
そこは気にせず、自分なりのベストを目指していきましょう。


あきらめなければ、きっと何らかの形で、成果は見えてくるはず。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。