-PR-

ホーム »  頬

顔が痩せると頬周りのしわが増えた|ダイエットしたら老けた40代女性へ

顔がパンパンになっていて 大きく見えてしまう。
それがコンプレックスで 思い切ってダイエット。
顔のお肉は落ちたけど しわが増えてきた・・


男性もそうですが 女性も年とともに代謝が低下。
体をうまく老廃物や脂肪が流れていかずに
そのまま残ってしまうケースが増えていきます。


そこで食事制限や運動をしてダイエットをする。
大半の人は続かなくてギブアップをする中で
見事やりきって 無事顔のお肉が減ってきた。


大顔というコンプレックスから 解放される・・
そう思ったのもつかのまで 今度は新たな障害。
それは「頬周りにしわ」ができてしまうこと。


もっと美しく魅せたいのに 逆に老けてしまった。
顔のしわって プラス何歳にも見えてしまうもの。
だから何とかこの状態から抜け出したいもの。


頬周りのしわができる原因と解消法を紹介します。

頬周りのしわができる原因


通常の加齢ジワといえば 筋肉と皮膚の弾力が
衰えてしまって 形が崩れたことによるもの。

今回のケースは ダイエットによって脂肪は落ちる。
でも皮膚がそれに追いつかずに そのまま残る。
結果として余った皮が「溝」を作った状態。

特に短期間で一気に脂肪を落としてしまった方は
こうした皮膚の皮が伸びることが 高い確率で
起こってしまいます。


解消方法


まだ20代くらいであれば お肌の代謝も活発なので
いずれ伸びた分の皮膚は もとに戻っていきます。
ところが40代となると 簡単には戻りません。


なので 普段からしっかりケアすることが必要です。
具体的には「お肌の代謝をあげる」こと。


お肌の代謝とは 脂肪や老廃物を燃焼して体外に
排出させる活動のことを指します。


代謝アップには「お肌の血行促進」することが
非常に重要になって来ます。通常のマッサージでは
表面にしか働きかけられません。


そこで「rocyリフトアップクリーム」などを使って
お肌の血行を促進させながら 顔をマッサージすれば
代謝がアップし 皮膚をスッキリさせることが可能。

« スポンサードリンク »

頬の贅肉を落としたい方|頬の内側を噛む癖がある方もこの対策方法は必見

ほっぺたのお肉がたっぷりついていて困る・・
このせいで太って見えるし最悪 どうしたらいい?




頬というのは 顔の中でも特に肉付きが良い場所です。
だからどうしても 脂肪たっぷりぷよぷよになります。


顔の脂肪がたしかに溜まった状態なんですが 必ずしも
体も太っているかというと そうでもないんです。
むしろ標準体型の人の方が 頬肉に悩まされています。


頬肉が多いと それだけでふくよかな印象を与えてしまう
見た目の問題だけでなく 意外なところに影響してきます。


「頬肉のせいで食べるときに頬をかんでしまう」。


食事するときに うっかり食べ物ではなくてほっぺたを
かんでしまうことって ありませんか。それって実は
頬の内側の贅肉がついてしまったことも影響しています。



だからいきなりゴリッとなってしまって 食事を中断。
せっかくおいしい物を食べていても 気分が悪くなる。
こうした不快指数100%なことも 頬の肉が原因。


もちろん胃腸が悪いというのもありますが
頬肉が分厚いとつい噛んでしまうことに。


この厚くて厄介な頬のお肉をスッキリさせるには
どういった方法があるのでしょうか。

-スポンサーリンク-




頬肉を落とすにはどうすればよい?


頬のお肉をスッキリさせていきたいけど 顔の部分やせは
非常に難しいです。下手にやると逆に顔のバランスを
崩してしまう可能性があるから厄介なんです。


○コロコロローラー
手軽なもので コロコロローラーを使うというのも効果は
あります。肌の代謝を良くするから 脂肪が燃焼されやすく
なります。高価な物を使う必要はなく継続が大事。


○水分補給に注意
あとは水分をとりすぎないことに注意してください。
肌の代謝がおちていますから 無駄に水分補給すると
その水分が肌に残りやすくなってしまうからです。


○マッサージ
最後はマッサージ。といっても直接手で触れないでください。
へたに皮膚を触れて変な方向にのばしてしまうと そこから
肌のたるみやシワが新しくできてしまうからなんです。


フェイスニングといって 指を触れずにマッサージできる
そうしたやり方があります。やり方はシンプルで唇を
上につきだしてほっぺたをふくらませます。それを10秒。



時間があるときにちょこちょこやっていくことで 脂肪を
支える頬の筋肉がつきますから 贅肉が目立たなくなります。

« スポンサードリンク »
タグ / 頬 贅肉

ほうれい線がうっすら見えて気になる|肌の新陳代謝を上げるのが有効

20代も中盤を過ぎてくる頃から、頬の横にできたほうれい線。
うっすらと線がついていて気になる。なんとかしたいけど・・


20代から30代にかけて、人によってはほうれい線が気になってくるケースもあります。
その線があるだけで、プラス5歳ほど見た目印象も増えてしまいがち。だからこそ
早めにケアをして、しっかり消し去っていきたい物ですよね。


ほうれい線の原因は、加齢による肌のたるみ。お肌の曲がり角は20代からくることは
ご存じだとは思いますがその影響をうけて肌に弾力がなくなり、その結果として頬に
たるみが生じ重力に負けてしまった結果なんです。


ただ骨格によってほうれい線ができやすい・できにくいというのはあります。あとは顔に
脂肪が付きやすい人は出来やすいという特徴も。まだまだ若い、今の段階から出る
ということは、出来やすい顔質ということになってきます。


放置したらますます濃くなっていくばかりのほうれい線。だからこそ早期ケアが肝心。


具体的な対策方法ですが、かなりクッキリしてしまった場合だとヒアルロン酸注射などの
選択肢もありますが、この段階では日々のケアをすることで対処できます。


化粧品、美顔器、マッサージ等いろいろなものがあり、絶対的な対策方法はありません。
大事なのは毎日のスキンケアでリフトアップできるものを買うこと(リフトアップ化粧品が良い)
それにプラスして毎日続けられる頬周りのマッサージを組み合わせるのが王道。


当サイトでは、それにプラスして肌の内側からのハリを出す方法をおすすめしたいと思います。
お肌の新陳代謝を活性化することで、肌の内側から弾力とふっくら感を出すことができます。
適度な運動、ストレスをためない。そして食事療法としてニンニクやショウガなどを取り入れる。


代謝を高めるのにココアがいいので、コーヒーの代わりにココアを飲む習慣をつけると良いでしょう。
そしてもちろん、睡眠も女性ホルモンが活発にでるように12時前に就寝するのが鉄則。


やることがたくさんあって大変ですが、代謝を良くすると他のケアも相乗効果を発揮します。


« スポンサードリンク »

頬が垂れてきたのをなんとかしたい|生気がない顔を改善する3つのケア

今までは気にしてなかったけど、頬が徐々に垂れてきだした・・
早く何とかしないと、大変なことになってしまう・・


年齢を重ねてくると、しわやたるみが出てくるのは仕方ないこと。
でも、いざ自分の身にふりかかってきたら、ショックですよね。
早く垂れ下がりを食い止めなければ、確実に進行してしまいます。


たるみが出てくるのは多くの場合、面積が広かったり肉付きがよかったり
する場所から。だから頬の辺りから垂れるのはよくあるケースです。
もともと頬の肉付きがよい人だとなおさらのこと。


あまりに進行してしまうと、美容整形でフェイスリフトという選択肢もあります。
ただ、ブルドッグみたいになっていなければそこまでの手段は必要ないかも
しれません。費用もかかるし、リスクが高いです。


まずは、自宅で手軽にできるケアの方法から。まず1つめに気をつけたいのが
生活習慣。顔がむくみやすい状態になると、どうしても頬がぷっくりになって
そこからたるみが出てきてしまいます。


だからまずは寝る前に水分を必要以上にとりすぎないこと。そして血行不良も
顔のむくみに繋がってしまうから、運動不足やストレスも実は関係してくるんです。
だから、まずはむくみを防ぎましょう。


そして実行したいのが「口角を上げる」習慣をつけること。一人の時に意識して
やる習慣をつけるのがベター。口角が上がると、頬が下がってくるのに対し
下から引き上げるような形になるので、タルミ予防になります。


あとは、頬周りの表情筋を鍛えてください。表情筋マッサージという言葉だと
いろいろな方法が紹介されています。表情筋の衰えを日々のマッサージでケア
して、あとはむくみや口角上げなどを補助的に行っていくことで対処しましょう。


垂れてきた頬は、とにかく早めのケアが肝心です。

« スポンサードリンク »

頬のこけとたるみが気になる方 | 疲れ顔を解消する3つの方法

昔から顔の肉付きは良くないのだけれど、最近になって頬が
こけて、たるみまで出てきだした・・なんとかならないの?


頬がこけて見えると、生活に疲れたような「疲れ顔」に見えてしまいます。
人に会う度に、「またやせたんじゃない?」なんていわれることも。
それだけ、顔に与えるマイナスの印象って大きいところなんです。


骨格状、頬に肉がつきにくい人が、加齢と共にお肌がたるんできて、
こけてしまったというのが大きな原因です。加齢によってお肌のコラーゲンや
エラスチンは失われてしまうのですから、ある程度は仕方ありません。


肉付きのいい人はブルドッグのような顔になるし、やせ気味の人はこけて
生活に疲れたみたいになってしまう・・どちらの状態でもいいことはありません。


対処方法ですが、大きく分けて3つあります。
1.化粧品でハリを取り戻す
肉付きが良い人だと重力がかかってケアは難しいのですが、こけ気味の人は
化粧品でハリを取り戻すことで十分ケアは可能です。


失われてしまったコラーゲンを補うために、ビタミンC誘導体の化粧品などを
使って間接的に補うか、直接リフトアップできる(キトサン成分のような)ものが
入った美容液を使うと良いでしょう。


2.マッサージをしっかりする
頬周りのマッサージをすることで表情筋を鍛えて、重力に負けない肌を作る。
たるみマッサージ方法はネットでもたくさん情報があるので、気に入ったものを
継続して使うのが良いでしょう。


3.生活習慣の改善
お肌の代謝が良くないことも、こけ気味の方には問題になってきます。
食生活を正しくすること、そして余計なストレスをためこまず解消すること。
普段の生活から表情を豊かにして、表情筋を眠らせないようにすることも大事です。


以上3点を抑えることで、疲れ顔を解消してイキイキした印象を取り戻しましょう!


« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。