-PR-

ホーム »  あご

出っ歯だからあごにしわが出来る|歯科矯正せずに顎の筋肉を鍛える方法

生まれ持った骨格だから 仕方がないかもしれない。
でも顎にしわが出来てしまうのって 出っ歯のせい?


歯並びというのは 生まれたときに持って生まれた宿命。
芸能人のように 綺麗にととのった歯並びをみんなが
持てるわけではありません。


程度の差こそあれ「出っ歯」に悩む人もたくさんいます。
前歯が1本だけだったり 前歯とその周辺も出てしまい
ぱっと見でわかる人まで さまざまなタイプがいます。


いずれにしても 出っ歯がある人は 顎にしわができやすい。
しわというか ボコボコになってしまった感じでしょうか。
主に口をしっかり閉じたときに 凹凸がハッキリでてしまう。


これって口を閉じるときに 下あごで口をふさぐ距離が
長いために無理が生じている状態なんですよね。
顎周辺の筋肉に 負荷がかかっているから凹凸になる。


体でも重い物をもったままにすると 腕の筋肉がプルプルと
震えることってありますよね。それと似たような感覚です。


口を開けると しわが目立たなくなるけど 閉じると出る。
だから常に口を半開きにしたり 写真に写るときは
わざとに口を大きく開いて うつったりしていませんか。


本当だったら出っ歯を歯医者さんで治してもらうのが
一番ベストな方法なんですが 気軽に治療を受けるには
あまりにも費用と期間がかかりすぎます。


「出っ歯」を本気で治したいのなら矯正もいいですが
あごのしわの為に出っ歯を治すなら リターンが少ない。
自宅でできる範囲のケアをするのが賢明です。


具体的なケア方法


表情筋というのは 顔全体を張り巡らせている筋肉です。
顎にも もちろん表情筋は存在しています。
顎の筋肉を「美顔器」で鍛えるのがベストです。


マッサージだと皮膚を痛める可能性があります。
手を触れずに 肌の奥までしっかり届けられる。
表情筋専用の美顔器がありますので それもいいかも。


→あごのしわについての もっと詳しい記事はコチラ

« スポンサードリンク »

あごに出来たたるみを解消するには|引き締まった顔になる2つのTips

あごに出来ている 脂肪のようなたるみが気になる。
なんとかスッキリさせたいけど 良い方法はないの?


体は決して肥満体型とは言えないのにも関わらず
顎の部分の脂肪が多くてたるんでいる女性が
たくさんいるというのは 驚きですよね。


正面を向いたときから あごがたるんでいるのが
うっすらとわかってしまうような状態。
あごをひくと はっきりと二重顎ができあがってしまう。


あご周りだけどうしてもお肉がつきやすくて困っている。
悩める女性は いろいろ考えているはずです。
マッサージしたり コロコロローラーしてみたり。


でも目に見える実感を感じることができないから
いつの間にかケアを辞めてしまっている状態。
本当は継続するのが大事なんですが。


どことなくだらしなく見えて フェイスラインも崩れる。
引き締まったシャープな顔にするためには
どういうケアをすれば良いのでしょうか。


●フェイササイズの実践●
 ・マッサージをするのもいいのですが 下手に行うと
  皮膚を痛めてしまう可能性があるんですね。

 ・フェイササイズは直接指を触れずに行うことができ
  肌を傷める心配もありません。

 ・愚弟的なやり方ですが、あごを斜め上に突き出すようにします。
  その状態をキープしながら、舌を上に突き上げるようにします。
  多少負荷がかかっているのを実感しながら その姿勢を20秒。
  これを一日何回か繰り返すことで アゴ周りの筋肉強化に。

 ・さらに詳しいやり方は 専用の書籍などがありますので
  もっと極めてみたいと言う方は 差がしてみるのも良いでしょう。


●食生活の改善●
 ・当然ながら糖分、油分中心の食生活は避けてください。

 ・代謝を良くする効果がある「ビタミンB・ビタミンE」を含む
  食事で 顔全体の血行をスムーズにするとお肌のたるみを
  目立たなくする効果が期待できます。


[関連記事]
→太ってないのに二重顎になった!



« スポンサードリンク »

あごのしわしわが消えなくて困ってる方|顎の化粧崩れを抑える為のコツ

口を閉じると あごの部分がしわしわに。
お化粧も崩れやすいから 何とかしたい・・


口元は目元ほど視線を集める場所ではないですが
それでも見る人が見たら目立つもの。


特に顎の部分が梅干しみたいにボコボコだったら
見ている方も気になってしまいますよね。


なぜ顎の部分だけしわしわになってしまうのか。
原因は「顔の骨格」にあるんです。


顎にシワが出来るのは「加齢や乾燥によるシワ」
ではなくて「筋肉に負担がかかっている」状態。


重い物をもって限界近くまで腕に力を入れたまま
移動するとプルプルふるえることってないですか。
顎のしわしわも それと似たような状態なんです。


口を閉じようとして 無理に力がプルプル入ってる。
筋肉の緊張が皮膚の形を歪ませているんです。
本人が違和感を感じてなくても 力を使ってる状態。


口を閉じるときに上の顎が出っ張っているか
下あごが引っ込んでいると 無理な力がかかります。
歯医者さんで歯科矯正をしてもらうのが一番。


ネックになるのは費用だと思います。数十万単位で
出費が飛んでしまうから 簡単には決断できません。


生活で問題が起きている訳ではないのにそこまで
ケアにお金をかけるのにも抵抗があるはずです。


せめてメイクの時は目立たないようにしたいもの。
アゴ周りの凹凸はコンシーラーを使って埋めていく。


この時に凹んだ部分だけ溝をポンポンと埋めていくと
出っ張った部分との境目が遠近法で目立たなくなります。
コンシーラーでフラットに魅せるようにします。


あとはリキッドファンデを薄くのばして 仕上げは
お粉をあてて明るさを出していきます。
こうすれば厚塗りにならず 化粧崩れも防止できます。


全てを消してしまおうという発想ではなく
いかに目立たなく魅せるかがコツです。


« スポンサードリンク »

あごの凹凸がひどくて困ってる方|口元を若くみせるのに必要な3ステップ

口を閉じると あごの凹凸が目立ってしまい困る・・
写真に写るときは わざとに口を開けたままにする。
クレーターのような凹凸は どう解消すればいい?


あごの部分になぜかできるボコボコ。悩んでいる女性も
密かにたくさんいます。なぜこのような凹凸ができるのか。


もともと骨格の作りから 口が閉じにくい人がなりやすい。
閉じるときに 口元に無理な力がかかっている状態です。
力が入るから 凹凸ができあがります。


普段から口を閉じるのに苦労している方は 歯医者で骨格を
矯正してもらうことが必要です。費用は数十万ほどかかる
費用のリスクを背負える方しか出来ませんが。


骨格の問題の他にも 顔の筋肉の衰えが考えられます。
顔全体を張り巡らせている表情筋の中で オトガイ筋と
いうものがあります。この筋肉が衰えているケース。


オトガイ筋は下唇を上に上げて唇を閉じようとするときに
使われる筋肉です。オトガイ筋を鍛えるにはあごを上げて
アヒルみたいに下唇をつきだして10秒キープ。


10秒キープを日常生活のちょっとしたときに加える。
徐々にではありますが 筋肉を鍛えることができます。
まずはこの体操(フェイスニング)がはじめのステップ。


2つめのステップは「保湿する」こと。
アゴ周りが乾燥していると 凹凸がより一層目立ちます。
化粧水や美容液を使って アゴ周りを念入りにパッティング。


保湿をすることで目立ちにくい顎にすることは可能です。


最後の3つめのステップは「注射する」こと。
美容整形でヒアルロン酸をあごの部分に注入してもらう。
ふっくらすれば 凸凹は目立たなくなります。


効果は数ヶ月しか持ちませんが 検討しても良いでしょう。


« スポンサードリンク »
タグ / あご 凹凸

下を向くと二重あごで恥ずかしい|顎の脂肪を落とす2つの神器でスッキリ

普通にしていれば何も気にならないんだけど なぜか下を向いたとき
その時だけ 二重あごが気になってしまって困っているんだけど・・
これってどうやって解消していけばいいのかな?


体型も肥満体型にある人なら 当然顔周りの脂肪も豊富にあるから
二重あごができてしまうのは ヤムをえない状況だと思います。
そうではなく むしろやせ型なのに二重あごになることが問題です。


顔全体がパンパンになっているわけでもなく 体型も問題はない。
正面を向いているときも全然顎が気にならない。にもかかわらず
ふと下を向くと たっぷりのお肉があごからはみ出している状態。


最近食べ過ぎて 急にできやすくなってしまったような人もいれば
加齢によって自然に二重あごが見えてきた人までさまざま。


二重あごができてしまうのは 顎周りの脂肪だけがたっぷりある。
それが隠れた状態が 地味に続いているからなんです。
今はまだ水面下に隠れていますが 加齢によって一気にたるむかも。


体全体をやせさせることは可能なんですが 顔だけやせさせる方法は
残念ながら効果的なものがないんです。
だからといってあきらめる必要はありません。いくつか対策方法を。


顎周りの脂肪をうまく取り除いていくことが 何より大事になります。
それこそ美容整形で脂肪吸引なんかをしてもらえば 一発なのですが
そう簡単にはできないほど 高額な費用が発生してしまいます。


手軽にできるのは「コロコロローラー」。値段が高ければいい。
それよりも毎日コツコツ継続できるかが 重要な鍵になってきます。
ローラーを使ってアゴ周りの代謝を良くしましょう。


血行がわるいと老廃物が溜まりやすくなり そこに脂肪が蓄積されます。
だからローラーを使って血液循環をスムーズに。
その時に一緒に「マッサージクリーム」を塗ると良いでしょう。


血行を促進する成分が入ったマッサージクリームで 肌の内側に直接
働きかけつつも 外側からの刺激を与えることによってさらなる相乗効果が
期待できるようになります。


本格的なたるみが来る前に できるだけアゴの脂肪はスッキリさせましょう。

→やせてるのに二重あごの人のページも見てみる

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。