-PR-

ホーム »  口

無表情の方がシワが出来にくいって本当?表情じわを防ぐ2段階対策!

とにかく顔にできたシワが 気になってしょうがない。
友達を見てると 笑ったらシワが目立ったりするから
やっぱり無表情にしていた方がいいのかな?


早い人は20代前半から 多くの女性は30代ころから
「シワ」が増えだして 困っているかと思います。
乾燥じわ程度なら まだ可愛い方なのですが。


顔の皺をこれ以上 増やしたくないから困っている。
化粧品を使ってケアしても 今ひとつのような感じ。


表情筋を鍛えた方がいいとか マッサージでシワ取り
色々なことが言われているけど 実際はどうなの?
シワに関する正しい知識を仕入れたい女性へ。


シワは無表情の方が できにくいのは事実です。


無表情だとできにくい理由


口周りや頬周りなど あらゆる所にできてしまうシワ。
この原因って そもそもどこにあるのでしょう。


顔の表情筋が衰えて 崩れやすくなったのも一つ。
皮膚の真皮のコラーゲンが減少して 弾力不足に
なってしまったのも 原因の一つになります。


シワの直接の原因になるのは「弾力不足」。
つまり「皮膚が元に戻ろうとする力」なんです。


表情を崩したときは 当然筋肉も皮膚も動きます。
その時に弾力不足だと 皮膚が「よれる」ことが
あります。それが「表情じわ」なんです。


さらに弾力が不足すると 今度は無表情の時でも
しわの「跡」がくっきりと残ってしまうんです。


そもそも表情を変えなければ シワができにくい。
これは悲しいけれど事実なんです。
ただずっと無表情の人生なんて 味気ないですよね。


無表情から脱出するには


無表情にしなくても 表情を崩してもシワができにくく
するのが現実的ではないでしょうか。


普段から弾力低下を防ぐ化粧品を使ってケアを。
1.ビタミンC誘導体やレチノール化粧品を使う
化粧水でも美容液でもいいのですが スキンケア時に
これらの化粧品を使うと良いでしょう。

弾力低下の原因になるコラーゲンの生成に力を発揮。


2.シワが目立ったらシンエイクでケア
表情じわが本格的に目立って来たら シンエイクでケア。
毒蛇の持つ成分が 肌の固まった皮膚や筋肉を柔らかく。
表情を崩してもできにくくしてくれます。


1で防ぎきれなくなったら2にするといった具合に
段階的にケアをしていくのが良いでしょう。

« スポンサードリンク »

口元のしわが出るのが嫌で笑えない|綺麗な笑顔を取り戻したい女性へ

人前でとにかく笑顔を見せるのが嫌になった。
笑ったら口元にシワができてしまうから・・
こんな状態 どうやったら解消するのかな・・


笑うとシワが出来る。こうした悩みを持つ女性は
案外多いものです。


特に口のあたりに「えくぼ」みたいにできると
ちょっと恥ずかしいですよね。


生きていたら笑うこともあるし 笑う機会が多いほど
素敵な人生を過ごしているといっても良いでしょう。
なのに笑えないっていうのは 辛いですよね。


友達ととった写真で 自分の顔を見て愕然とする。
笑顔でシワが顔にびっしりできてしまって
顔が汚いようにも見えてしまう。綺麗にしたい。


男性から見ると 笑った時にくしゃっとなるほうが
裏表が無くて 素直な女性という好印象なのですが。
当の本人からしてみると 気になる物です。


では どうやって対策をすれば良いのでしょうか。


表情じわ対策をする


表情を崩したときに 頬周りにできる「表情じわ」。
表情じわは肌の弾力不足が大元の原因で
そこに表情を崩して起きる 皮膚のよれが出たもの。


同じ場所にいつもシワができることが多いので
次第にその部分が「癖つけ」されてしまいます。


それに加齢による肌乾燥も加わってしまうから
皮膚が固く シワが出来たままの状態になります。


それを解消するのが「シンエイク」「レチノール」。
シンエイクは皮膚を直接柔らかくしてクセ付けが
されないようにしてくれます。


レチノールは 年々不足していくコラーゲンの生産を
サポートする役割があります。


まずはシンエイクの化粧品を使って見ると良いです。


普段からの自分の表情チェック


鏡を前にして 自分の笑い顔をチェックしていく方法。
どういう角度 口角の上げ方なら自然にかつシワ自体が
見えないようにカバーできるのかを研究します。


簡単ではありませんが 自分を演出するにあたっては
それくらいの努力が必要かもしれません。
ずっと無表情だと人が離れていきますからね。

« スポンサードリンク »

笑うといつもほうれい線が残る辛さ|老けた印象を与えない2つのポイント

仕事でもプライベートでも 笑うことが多い。
最近は笑ったらほうれい線が くっきりできる。
それだけでなく 跡が残ってしまうのが辛い・・


友人と他愛のない話をして 思いっきり笑う。
ストレス解消にもなるし 大いに結構なことです。
でも笑ったら 顔が大変なことになる・・


他にも接客のお仕事を されているような方だと
常に口角が上がった 笑顔の状態でいるから
いつの間にか ほうれい線の跡がくっきりしたり。


昔はほうれい線が 笑った時にだけできていたけど
最近は同じ場所ばかり 皮膚に溝ができた状態。
だから普通の顔に戻しても 残ってしまう・・


特に女性は ほうれい線が刻まれてしまうと
そこからよれてしまうので お化粧直しが
大変になってしまいますよね。


見た目も疲れたような 老けた様な印象になりますし
見た目年齢も確実に上がってしまいます。


元々の顔の作りでできるものではないから
毎日のケアをしっかりすれば改善できます。


この状態からぬけだすには どうすれば良いのでしょう。
「残りやすくなったほうれい線対策」



鏡を見てほうれい線ケア


よく女優さんなんかが 自分の顔を鏡で見ながら
カメラにうつるときの姿を練習したりします。
それと同じような理屈です。


鏡を見ながら 少しずつ口角を上げていく。
この時に どう力を入れたら出来やすくなるか
どこまで口角をあげても大丈夫かをチェック。


この笑顔が素敵!と思ったらその状態になる様に
何度も何度もクセをつけて見ましょう。
簡単ではないですが ほうれい線を出さないケア。


弾力不足を解消


ほうれい線は顔の「たるみ」なので 土台となる
筋肉を鍛えるのがセオリーですが 笑った時だけ
できてしまうので「戻る力」が不足してます。


「戻る力」は筋肉ではなくて「弾力」になります。
皮膚の弾力を取り戻すには コラーゲン不足を解消。
・レチノール
・ビタミンC誘導体


このあたりの美容成分が配合された化粧品を使って
コツコツスキンケアしていきましょう。
努力が報われないのでなく 報わせるケアが必要。

« スポンサードリンク »

顔の口角のたるみが気になる|表情を引き締めるためのポイントは

昔から口角がたるみ気味だった。でも年を取ってきたら徐々に
気になってきた・・今更かもしれないけどなんとかならないの?


生まれつき口角が下がり気味の人というのは少なからずいます。
こればっかりは、生まれ持った遺伝の要素が大きいので仕方
ありません。ただどんどん重力に負けていくのは辛いですよね。


そのまま放置しておくと、口角だけでなく口元のたるみにも
繋がってくるから、放置するのも良くないです。


口角が下がると運気が下がるから、口角を上げなさいとは
よく言われる話ですが、もとからその傾向にある人はそう簡単に
変えられるものでもありません。


全体的に顔の肉づきが良い人がたるむ傾向にはあるのですが
実際に顔の肉がとれたとしても、口角の場合は難しいです。
そもそも、狙って顔の肉を落とすこと自体難しいと思います。


口角がピンと上がった状態にするのだったら美容整形レベルですが
せめて、これ以上下がらないかフラットな状態にまで持って行きたい
ものですよね。そのためのケア方法について紹介します。


まず基本ですが、常ににこっと笑う習慣を付けてみると良いでしょう。
これまでのキャラというものがあるので、人前で急に笑うのは難しい
かもしれません。それなら自宅で一人の時に意識して笑いましょう。


声を出して笑うのではなく、にこっと口角だけがあがるようにする。
それでもついつい忘れてしまう人は、セロテープで強制的に引き上げ
してみると良いでしょう。多少つっぱるかもしれませんが。


それと平行させて、顔の筋肉のトレーニングをする必要があります。
スタンダードなのは表情筋トレーニングですが、もう一つおすすめ
なのは「フェイスニング」という顔の筋肉を鍛える方法。


書籍でフェイスニングという言葉で検索すると、出てきますので
まずはそれを読みながら鍛えていくのが良いかと思います。


もっと深く学びたい方は、専門のスクールもあるみたいですが
そこまで必要かどうかは、書籍をやってみた後に判断を。


口角がたるんでだらんとなってくると、口元がしまりなくその結果
だらしない印象を与えてしまいます。だからこそ定期的なケアを。

« スポンサードリンク »

口元にできたしわを解消したい人に | 3つの地道なケアが実を結ぶ

笑ったら、口元にシワが出来てしまって恥ずかしい。
これをスッキリ解消する方法とかってないものなの?


人間として生まれた以上、年を重ねた「証」としてシワやたるみが
できるのは仕方がありません。ただその一方で、加齢が原因でなく
顔にできるシワもあるんです。それが「笑いじわ」。


大きなくくりでいうと、表情を崩したときにできる「表情じわ」の一種。
通常のしわと違って、エイジングケアの必要性が薄い20代女性で気にする
人が多いのが特徴です。


骨格的な問題が関係するケースも多く、顔の肉付きが悪く細い人がなりやすい
傾向にあります。だから、顔にお肉がたっぷり付けば目立たなくなりますが
そんな解消法は現実的ではありません。


ケアの仕方は、コレといったものがなく、いろいろな解消法を組み合わせて
行うのが理想的。


まずスタンダードなのがマッサージ。口角のあたりに中指の腹をあてて、
円を描くようにマッサージ。こうして表情筋をほぐしていくのが効果的。
お肌が柔らかい、入浴中やお風呂上がりなどに行うのが良いでしょう。


乾燥による影響も若干あるので、入浴後の保湿パックで口周りをぐるっと
囲うようにつけて保湿すると良いでしょう。


それらを継続しても難しければ、美顔器という最終手段があります。
表情筋に刺激を与えて、クセ付けされたシワを伸ばしていくやり方です。
口角をスタート地点にして、そこから上に上に引き上げて使うのがベター。


目元ほどではないにせよ、シワがあるとどうしても目立ってしまいます。
年齢よりも老けて見られる場合も多いから、若いとはいってもケアをまめに
行って、少しでも解消出来るように努力しましょう。


この化粧品を使えば大丈夫!という簡単なものではないところが厄介ですよね。




« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。