-PR-

ホーム » クマ

目の下の青クマの対処法|いろいろな解消方法を紹介します

目の下にどんよりとできてしまった 厄介な青クマ。
青クマのせいで どれだけ悩んでいることか・・


クマにもいろいろと種類がありますが 中でも青クマは
日々の生活習慣が引き金となって起こるものです。


青クマができる原因っていくつかありますよね。
・寝不足
・疲れ
・ストレス
なんかが代表的なものです。


目の下を流れる血管の流れが悪くなると 黒ずみができる。
それが皮膚の下からうっすらと出てくるのがクマの正体。


要は血行不良によって どんよりクマが完成します。


一度できてしまうと すぐに解消しないから困ります。
お化粧でさっと隠せない難しさもあります。


あれこれケアしたけれど 一向に良くならない。
いい方法がなくて 困り果てていませんか?


当サイトでは青クマにお悩みの方にとっておきの解消法や
アイテムなどを紹介します。


スキンケアからメイクアイテム・食べ物やその他グッズまで
悩みにあったものを紹介できればと思います。


見た目印象も悪くなるのが 目の下の青クマ。
せっかくメイクもお洋服もバッチリなのに
目の下だけ汚いと台無しになります。


生活に疲れて老けて見えるのだけは もう勘弁!


いろいろな解消法を紹介していきますので
参考にしていただけると幸いです。


クマが解消すれば 顔の印象も明るくなります!

« スポンサードリンク »

目の下のクマみたいなくぼみって一体何?それって黒クマが原因?

目の下にクマが出来たみたいになっている。
目の下 凹みもできているし最悪。この状態
どうやって脱出することができるのかな?


目の下は疲れもでやすいですし 皮膚が薄いから
たるみも起きやすい とっても厄介な場所です。
今の症状の原因は どこにあるのでしょうか。


目にできるクマは「色素沈着か血行不良」。
よく「青クマ」か「茶クマ」かと言われてます。


青い色だと 普段からの疲れがたまって血行不良。
血行不良になると血液の色が悪くなるので
クマとしてにじんできてしまうんです。


茶色だと シミ=色素沈着によるものなんです。
紫外線や摩擦そしてメイク残りなどの刺激により
色素が黒くでてきてしまいます。


今回のケースだと「たるみによる黒クマ」が原因。
30代以降の女性だと このクマに気を付けて。


黒クマは お肌の老化によって弾力が失われて
その結果 重力に負けて垂れ下がっている状態。
目の下の皮膚だけ だらんとなっているんです。


一見色がついているように見えますが「影」。
もともと皮膚があった部分が落ちてしまって
ちょうどその部分に「空洞」ができた状態。


色がついているように見えますが 実際はなし。
試しに目の下を軽く引っ張ってみてください。
くまが消えたら 完全に黒クマなんです。


逆に残ってしまうのなら 青クマか茶クマの
可能性が高いんです。


黒クマの解消法ですが 目元が凹んでいる状態。
だからコンシーラーを塗ってもかなり厚塗りを
しないと 凹みが帰って目立ってしまいます。


厚塗りになっても 塗ってる感がめだちますし
さらっとカバーしても 目の下が暗くなる。
理想的なケアは もとから無くしてしまうこと。


加齢によるたるみなので 弾力を復活すれば
もとのふっくら肌になることも夢じゃない。


通常の顔全体に使う化粧品だと 刺激が強い。
だから目元専用のアイクリームが良いです。
特にパールノーブあたりがベター。

« スポンサードリンク »

目の下の茶クマを隠すために日焼けをしたい|化粧でもシミをカバーできない


目の下にいつのまにかできてしまったクマ。
たっぷり寝てもとれないし いつまでも残る


ファンデを塗っても 上手く隠れてくれない。
日焼けをして黒くなれば ごまかせるのかな?


目にできた「くま」って 一度出来ると頑固なもの。
眼精疲労や疲れで血行不良が原因の「青くま」なら
疲れさえとれば いずれは回復していきます。


ところが数週間経っても 一向に消えないクマも。
それは「色素沈着による茶クマ」の可能性が大。
肌をこすったり紫外線にあたったことが原因。


もともとが「シミ」なのに 日焼けしたら目立たない。
そういう考えは危険すぎます。シミを余計広げるだけ。


ベースの色が黒くすれば クマの色をつぶせるという
「理屈」の上ではそうなのですが シミに更にシミを
加えてしまうことになるから 意味が全くないです。


かといって ファンデやコンシーラーを塗っても
時間とともに 地の色がじわじわと目立ってしまう。
明るくしたらしたで 白浮きしてしまうし・・


そんなジレンマに陥っていませんか?
お化粧でクマを隠すのって難しい。
隠す前に 無くした方がよいと思います。


茶クマは色素沈着=シミができた状態。シミの原因は
メラニンだから メラニンを解消出来る化粧品でケア。


とはいっても 顔全体に塗るタイプの美白化粧品を
そのまま顔に塗るのはNG。美白化粧品は刺激が強く
目の周りは特に皮膚が薄くて 刺激に弱い場所です。


下手に塗ると クマどころか真っ赤に腫れ上がるかも。
だから専用のアイクリームを使ってケアすべきです。


アイクリームというと 保湿だったり弾力をだしたり
そういったイメージが強いかもしれませんが
茶クマ専用に開発されたアイクリームがあるんです。


化粧で下手に隠さず 目元をスッキリしましょう!

« スポンサードリンク »

目をこすると茶くまが出来てしまう|摩擦によりメラニンが生まれる理由

昔から目をついついこすってしまう癖がある。
そのせいかクマが出来やすくて困っている。
こするのとクマって関係があるのかな?


人間って誰しも生まれつきの「癖」があります。
その中で「目をこする」癖がある人も多いです。
眠たいとき 疲れているときに出やすい症状。


あとはスキンケアの時に 洗顔やクレンジングで
ついつい目を強い力でこすってしまうことも。
無意識にやってるので 気がつかない人も多いです。


目をこすってしまうと「茶クマ」が出来てしまいます。
疲れによる目元の血行不良が「青クマ」ですので
その辺と混同してしまう人も 多いみたいです。


毎日の生活で疲れている人はたくさんいますので
目をこすったという意識よりも「疲れていた」と
いうことが印象づけられがち。


だから疲労を取り除けばよくなると信じ込んでしまう。
でも寝ても寝てもクマがとれないということに。
クマって治らないもの・・と諦めてしまう。


ですが「摩擦」によってできるクマですから
根本的な部分が違っているということです。


摩擦が起きると 肌の基底層と呼ばれる部分にある
「メラノサイト」を刺激してしまいます。
そのメラノサイトが指令を出してメラニンを生成。


メラニンはご存じの通り シミ(色素沈着)の元。
だから目に摩擦を与えてしまうと ジワシワと
クマのような色素沈着が起こってしまうのです。


通常メラニンというと 紫外線を浴びたときに起きる。
そういう認識があるかもしれませんが 摩擦でも
メラニンが生み出されてしまうから注意が必要です。


対処方法としては 茶クマ専用のアイクリームを使い
シミの元を取り除くのが一番かと思います。


美白化粧品でも良いですが 目の周りは皮膚が薄いので
刺激にならないためにも アイクリームが良いでしょう。

« スポンサードリンク »

青クマと茶クマの違いって?引っ張ればわかるその区別

目の下にできてしまったクマが気になって仕方がない・・
クマの色によって違いがあるみたい。でもよくわからない・・


目の下にできるクマ。パンダのように見えてしまうこともあって
女性にとってはかなり厄介なもの。寝てもなかなかとれにくく
必死にメイクでカバーしようと努力される方も多いかと思います。


そもそもクマには、大きく分けると3つの種類があるんです。
それは「青・茶・黒」の3つ。それぞれについて順に説明したいと
思います。


<青クマ>
 ・目の周りの血行不良によるもの。
 ・主な原因としては、睡眠不足やストレス、食生活の乱れ。
 ・基礎的な代謝が不足しているケースが多い。
 
 また、勘違いしやすいのが睡眠さえしっかり取れていればすぐに
 解消するというもの。血行不良によるものは一日二日で解消する
 というのは難しく、ある程度の期間(一ヶ月)様子を見る必要有。


<茶クマ>
 ・皮膚の色素沈着によるもの。色素沈着とは、お肌にメラニン色素
  が残ってしまい褐色に見えてしまうことを指します。
 ・紫外線を浴びることによって起きやすい。
 ・メイク汚れが残ってしまった状態。
 ・スキンケア時にこすりすぎて肌が炎症をおこした状態。

 体調というよりも、外部刺激によって起きるもの。だから美白化粧品
 を使ったり、普段の基本的なケアを改善するといった姿勢が重要。


<黒クマ>
 ・目の周りの皮膚がたるんでしまった状態。
 ・加齢によるたるみ。
 ・目がむくんでそうなることもありうる。
 ・影になってみえる。


以上がクマの種類と特徴、そして対策方法になります。その区別方法ですが、
「肌を引っ張る」といいますか、目の下のクマが伸びるように引っ張って
その種類を判定することができます。


引っ張ってみるとクマが消えてしまう場合は「茶クマ」「黒クマ」のいずれか。
それに対し、引っ張ってもクマが残っている場合は「青クマ」になります。
自分のクマの状態がわからないときは、簡単にセルフチェックができます。


あとはそれぞれの症状に応じた対策をしっかりと継続していきましょう。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。