-PR-

ホーム » マッサージ

加齢によるしわやたるみに効くマッサージ│コラーゲンが壊れる要因を予防

顔のシワに加えて 最近ではたるみも気になってきた・・
マッサージをして ケアしたいんだけど良くないの?


年をとっていくにつれて 顔に表れてくる肌トラブル。
中でも厄介なのが 顔にできてくるシワの数々。


単に顔が乾燥している状態なのであれば 水分補給で
シワは綺麗になくなっていくものなのですが
年齢とともに 乾燥じわでは収まらないのが厄介です。


一般的に「加齢じわ」といって お肌の真皮にある
コラーゲンが減少したり変形することによって起こる
とてもやっかいなしわなんです。


マッサージをして シワを引き延ばしてケアをしようと
する試みもありますが あまりおすすめはできません、
放っておくとシワが固くなるから 良さそうに見えますが。


でも実際は マッサージをしてしまうことは完全に逆効果。
顔の一番外側の「皮膚」の部分に指をあてて触ると
変な方向に伸ばしてしまうことがあるんです。


当然見た感じではわからないから 指でシワが薄くなる様に
上下左右に引っ張ってみるケアを 既に行っている場合も。


ですがそうしたケアをすることで 本来皮膚が伸びてはいけない
方向にまで負荷がかかってしまいます。その結果コラーゲンが
変形する可能性があり シワがさらに増えていくことになります。


変に力を入れすぎてしまう可能性もあるので 肌の真皮を痛めて
結果としてたるみが起きてしまう危険性も 十分にあるんです。
肌は表面上には無理がかかっているのを確認できません。


だからわたしたちは多少無理をしても問題ないと判断しがち。
それでシワが増えてしまっても 加齢のせいだと決めつけて
マッサージは相変わらず続けてしまう そんなことにもなります。


お肌は基本的に「指で触らない・こすらない」が鉄則です。
どうしてもマッサージでケアしたいのであれば エステに行き
プロの手でシワケアをしてもらうのなら 問題ありません。


美顔器を使うというのも一つの手段です。


« スポンサードリンク »

顔のリンパマッサージはたるみに有効?素人のスキンケアに多い間違い

顔全体にたるみが出てきたし 顔がむくんだような状態に。
なんとか引き締まった顔にしたいんだけど・・どうすれば?


顔の「たるみ」と「むくみ」は同時に起こることもあって
顔自体を大きく見せたり だらしない印象に見せたりします。
だから日々のケアでしっかりと 対策を打ちたいところです。


たるみが起きて来るのは 加齢によって肌の弾力不足が起き
なおかつ顔を動かす表情筋が 衰えてしまったことによるもの。


それにプラスして 顔の脂肪代謝能力も衰えてくることから
脂肪がつきやすくなるのと 水分が排出されずむくむことも。
こうした「たるみ」と「むくみ」が加齢で起きやすくなります。


そこでマッサージをして 筋肉をこりほぐしつつ代謝を高める
「リンパマッサージ」という手法があります。


そもそもリンパとは血液の働きをサポートするために存在。
血液が処理できなかった栄養分を血液に戻したり
老廃物をスムーズに処理できるように助けてくれるんです。


血液の働きがスムーズになると 余分な水分や老廃物が
血液中にたまらないから むくみも起きにくいし脂肪燃焼も
しやすくなるというメリットがあるんです。


だからタルミやむくみに対しては それなりに効果を発揮しますが
日々のケアで素人が行っていくのは あまりオススメできません。
その理由は2つあります。


一つ目は 手を直接顔に触れながらケアするやり方なので
下手に皮膚を触ってしまうと 変な方向に伸縮してしまいます。
それが「シワ」となって肌に残ってしまうから厄介なんです。


そしてもう一つは 血液の流れに対して行うので 力加減が
難しいという面があります。下手に力を入れすぎたりすると
呼吸困難になったり 体調が悪くなるなど弊害もあります。


だから結論としては リンパマッサージは有効なものなんだけど
素人が片手間にやってしまうのは危険。だったら専門の方に
週に1回程度のペースでやってもらう方が安全といえます。


« スポンサードリンク »

間違った造顔マッサージが逆効果になるワケ│顔の皮膚を伸ばすことに

日に日に気になっていく お肌のたるみを何とかしたい。
効果を実感できる「造顔マッサージ」っていいものなの?


鏡を見るたびに 元気のないお肌にガッカリしてしまう毎日。
このまま年を重ねていってしまうと ブルドッグみたいになる
そんな不安を抱えたりしてしませんか。


マッサージをして 少しでもたるみの進行を食い止めたい。
そう思って ケアをしてみたはいいけれども 効果を実感できず。
他に何か良い方法がないものか 調べているけれど・・


「造顔マッサージ」という手法が たるみ解消ケアとしては
効果が高いということで 評価を受けています。


顔のたるみの原因となる「表情筋の衰え」をしっかりケア。
衰えてしまった筋肉に対して 外側からしっかりと筋肉に
届くように指で力を加えて 刺激を与えて行うという方法です。


少し痛いくらいの感覚で行うくらいが ちょうど良いというように
お肌の奥を意識しながらケアしていくのが このマッサージの肝。


それだけに これまでのマッサージとは違う効果が期待できます。
たしかに方法としては画期的なのですが 効果が高いものは
それだけリスクも高いといえるでしょう。


お肌は外側から「皮膚→脂肪→筋肉」という順番になってます。
表情筋を鍛えるには一番内側にある「筋肉」に作用することが
とても重要なので このケアでは直接力を入れて動かします。


ただ力の入れ加減を誤ってしまうと 肌表面の「皮膚」に対して
ひっぱったり伸ばしたりする危険性があるんです。
そうしてしまうと「シワ・たるみ」の原因になってしまうんです。


たるみを解消するために行っていることが 逆にたるみを増やす
そんな危険性もあるんです。


ただこのケア自体はとても有効なものなんです。ただ力加減を
誤ってしまうのが問題なのです。DVDや書籍などがありますので
しっかり注意を聞きながら 慎重に行っていくのが良いでしょう。


決して「なんとなく」やってしまってはいけません。


« スポンサードリンク »

顔のたるみを鍛えるには何がいい?フェイスニングに期待できる効果は

頬の辺りやアゴ周りなど たるみが出てきて困っている。
なんとか毎日のケアで回復させたいんだけど・・


30代そして40代と 着々とお肌は老化という名の階段を
上っているような状態にあります。
日々衰えてくる肌老化をなんとか食い止めたいところです。


お肌が乾燥しやすくなったり荒れやすくなったりする他にも
肌の弾力が衰えてしまって その結果肌がたるみやすくなり
その状態が年々進行してしまうことが 考えられます。


アンチエイジング化粧品を使っても たるみ改善の気配なし。
となるとマッサージなどの方法を使ってケアしたくなります。
実際にお肌のたるみは 表情筋という筋肉の衰えも要因。


弾力不足は化粧品を使いながら ケアをしっかりしていくとして
マッサージで衰えた筋肉をしっかりと復活させてあげることも
引き締まった顔作りのためには とても重要なことです。


マッサージとしてはいろいろな手段がありますが注目したいのは
「フェイスニング」という手法。表情筋を伸縮させて鍛えられる
という新しいタイプのケアなんです。


特徴としては「お肌に負担をかけずに無理なく鍛えられる」点。
だから安心して続けられるというメリットがあります。
指を直接触れずに行うから シワが発生しにくいという魅力も。


その辺にあるマッサージだと手も使って皮膚を伸ばしたりするし
肌に無理に負担をかけながら鍛えるという物が 実に多いです。
その点からも 手軽に安心して始められるのが魅力です。


その反面 一日二日で効果がでる「即効性」は期待できません。
それだけ緩やかに行うものなので 毎日コツコツと行っていって
ある日鏡を見たら 引き締まっている自分の顔を実感する。


ネットでもいろいろと検索すれば やり方は書かれているのですが
youtubeで実践的なやり方もあり 後はDVDや書籍もあります。
更に深く学びたい人は 専門コースも用意されてるみたいですよ。


« スポンサードリンク »

フェイスエクササイズをするのは逆効果?たるみが治らない時の主な原因

顔のたるみ 特に顔周りのあたりのお肉がでてきた。
なんとかフェイスラインをスッキリさせたいけど・・


年齢とともにお肌の代謝が悪くなってしまいがち
だから顔にどうしても脂肪がたまりやすくなります。
その上 お肌の弾力も衰えてくるから厄介です。


脂肪が増えて来て 重力に負けて垂れ下がってしまう。
目や頬の辺りもそうした影響を受けやすいですが
特に気になるのが「フェイスライン」かもしれません。


この辺りがシュッとしてないと どうしても顔が大きく
見えてしまって印象としては 良くありません。
逆に顔周りが引き締まれば 小顔に見せることができます。


対策としては化粧品や美顔器そして美容整形などの方法が
あります。中でも手軽にはじめられるのが 表情筋を鍛える
「フェイスエクササイズ」という手法なんです。


呼び名はいろいろあってフェイシャルエクササイズとも
言ったり「顔面体操」とい呼んだりすることもあります。
いずれも中身は同じ物なのですが。


主に二重顎対策や 顔のむくみそしてもたつきを解消して
たるみを目立たなくするというマッサージ手法です。
ただ気をつけて欲しいのが やり方次第で逆効果になること。


一口フェイスエクササイズといっても種類は多岐にわたります。
自分の症状にあった方法で行っていただいて問題ないのですが
一点 気をつけるべきポイントがあるんです。


それは「指を直接肌に触れずに」鍛えられる方法であること。
下手に指を触れてしまうと 顔にある皮膚を伸ばしてしまって
結果として顔のシワが増えてしまうと言うことになります。


だから手を使わずに顔の表情を動かすようにするものを。
下手に手を添えてしまうのは 逆効果だから注意して下さい。


せっかく忙しい合間をぬって フェイスラインをスッキリと
させていきたいのに それで肌トラブルが現れてしまっては
本末転倒なんです。だからその辺は気をつけてくださいね。


代謝を高めて スッキリ小顔を目指しましょう。


« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。