-PR-

ホーム »  マリオネット線

マリオネットラインをボトックスで消す|美容整形選びで失敗しないために

日に日に 口元から下にはしる「線」が気になっている。
マリオネットラインを解消するには ボトックスが有効?


マリオネット線は口周りにおきてくる「たるみ」が原因。
いつの間にか くっきりと線が入ってしまうから困る。
いろいろ対策をしても なかなか良くならない。


肌のたるみって 日々着々と進行していくから大変です。
そのまま放置すると 口周りのたるみが頬のあたりを
下に引っ張るような形になり ブルドッグ顔になることも。


すでに「マリオネットラインを消す対策」でもお話しした
対策をしても 深く刻まれてしまった線が変わらない。
だとしたら 次に打たなければならないのは「美容整形」。


美容整形といっても メスを入れたり骨格強制をするのでは
なく注射によって 表情筋を柔らかくして溝を目立たなくする
「ボトックス」という手法があります。


主に表情じわの改善に使われる注射なのですが たるみにも
有効ですでにたくさんの人が そうした注射を受けています。
でも実際のところ ボトックスで大丈夫なんでしょうか?


うまくいけば マリオネットラインはその日のうちにスッキリ。
ただその一方で 副作用というものがあるから難しいんです。


ここで勘違いされる方が多いのですが 注射だから技術は関係ない
だからどの病院で行っても たいして差が出てこないんじゃない?
そういう考えでは危険かもしれません。


表情筋を打つ場所や ボトックスを入れる量というのがあって
しかもマリオネットラインの進行具合によっても変わります。
だからある程度の 熟練した技術を持つ方にしてもらうことが大事。


下手な人が行うと マリオネットの改善はもとより顔がひきつり
表情を変えるのが苦しくなってしまうことだってあるんです。
効果は数ヶ月なので 一生に関わることではないのですが。


だからボトックスをするときは 慎重に判断することが必要です。
慎重になりすぎるくらい慎重になって 病院を選びましょう。

« スポンサードリンク »

マリオネットラインを無くす対策はコレ|口元をすっきりさせる3つの秘訣

口角の辺りから 斜めに走ってくるマリオネットライン。
この線が気になるけど なんとか消せないのかな・・


年齢を重ねてくると いつの間にか顔に表れてくるたるみ。
ほうれい線・ゴルゴ線の次にでてくるのが マリオネット線。
操り人形みたいになっていて なんとも嫌なものですよね。


40代以降の女性が経験する「タルミ」として代表的なもの。
メイクで隠そうとしても スッキリ隠すのは難しく
笑ったりすると よれやすい場所にあるのも難点なんです。


だから一からコツコツと 対策を行っていく必要があります。
具体的な方法としては5つあります。


1.フェイスニングを行う
・たるみができるのは表情筋の衰えによるものだから
 その筋肉を毎日鍛えることによって 線をうすくする
 そうしたトレーニングが 必要になってきます。


・フェイスニングはマッサージの一つなのですが
 口角をふくらませたり 顔の表情を変えたりして
 手を使わず表情筋を鍛えることが特徴なんです。
 指でマッサージすると 肌を傷める原因になります。

・フェイスニングの手法はたくさんありますので
 気に入ったものを一つ選んで毎日継続しましょう。


2.化粧品を使う
・たるみの原因となる「肌の弾力不足」。衰えて垂れる肌を
 元の状態に戻そうとするのが弾力ですが 加齢によって
 戻らずそのままの状態になっているんです。


・弾力不足を補うために コラーゲンやエラスチンといった
 弾力を生み出すものの活動をサポートする美容成分で
 再びハリを取り戻すことが可能です。


・ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分が有名です。


3.食事で新陳代謝をよくする
・たるんだ肌にハリを戻す方法として 肌の新陳代謝をよくする
 こうした方法も効果的なんです。


・ビタミンBやビタミンEを含んだものを 毎日の食事で摂取する
 そうした習慣を続けることによっても 肌の活力が上がります。


どれも実践するのは難しくないので 平行させながらコツコツと
取り組んでいきましょう。


« スポンサードリンク »

マリオネットラインをメイクでカバー|口周りのたるみカバーするコツ

口まわりに出来てしまった マリオネットライン。
くっきりと目立つので メイクでカバーしたいけど・・


まるで あやつり人形みたいに見えてしまう厄介な線。
スキンケアをしっかりしても マッサージをしても
なかなかスッキリできない 厄介なものですよね。


マリオネット線も「たるみ」の一種なのですが
ゴルゴ線やほうれい線などと比べると 出来る時期は
後になる傾向があります。


純粋なシワなら カバーするのも難しくありませんが
たるみでクッキリと「溝」のようになっているから
簡単にメイクでカバーするのって 難しいです。


いくらカバー力があるファンデやコンシーラーでも
スッキリとゼロにするのは難しいかもしれません。
だから注意点は 完璧になくすことを目指さないこと。


そのままファンデーションを塗ってしまうと 溝に
入り込んでしまう可能性が 非常に高いんです。
ではどうやって対策をするのが 良いでしょうか。


まずは化粧下地かコンシーラーを使って 溝を薄く
埋めていくように塗っていきます。ただし注意点は
厚塗りをせずに 溝だけを塗っていく形で。


その上から 伸びが良いリキッドタイプのファンデを
薄くのばすような状態で 口元全体に薄く引くような
イメージで塗るのがよいでしょう。


ポイントは厚塗りしすぎないこと。これだとうっすら
溝が見えてしまう くらいの状態でやめるのが手。
それ以上塗りすぎてしまうと 厚塗りになります。


厚塗りにするということは それだけよれやすい状態。
特に口周りは表情を動かしやすい場所だから なおさら
笑ったときによれやすくなってしまうんです。


だから薄塗りメイクで 目立たせないことに徹するのが
一番かなとは思います。


それでも外出先で線が目立ってきた・・という方は
メイクを落とさずに 上からパウダーファンデを溝
だけにふりかけるように使えば 目立ちにくくなります。


線をしっかり消したい気持ちはわかりますが
ケアはほどほどにした方が うまくいきます。

« スポンサードリンク »

20代でマリオネットラインがある人の共通点│脂肪代謝をまずは改善して

まだ20代だから 肌トラブルとは無縁だと思ってたけど
マリオネットらしきものができていて 気になる・・



口角のあたりから まるで腹話術のお人形さんのように
出来てくるのが「マリオネットライン」。見た目でも
はっきりと目立ってしまうから とても厄介なものです。


マリオネットラインができる原因」のページでも既に
お話しているのですが 基本的にそうした「線」が
できるのは40代以降の女性が殆どなんです。


だから20代とまだまだ肌老化とは無縁の女性であっても
そうしたラインが出来てしまうのか 気になりますよね。
果たして本当にそれは マリオネット線なのかどうか。


マリオネットができてしまうのは 表情筋が衰えることと
肌の弾力が無くなってくることの2つが主要な原因です。
ただ30代にならないと それらが衰えてきません。


だから肌の衰えがきっかけになっていることは考えにくく
肌脂肪の代謝不足によって 口周りの皮下脂肪が増えてしまい
それがもともと骨格的に出来やすい顔なので そう見える。


20代の女性でマリオネット線が出来てしまう原因としては
そんなところだと思います。この辺を踏まえずに表情筋を
鍛えたりマッサージに力を入れても 思う結果はでません。


特に気をつけて欲しいのが マッサージを下手にすると
肌の真皮にあるコラーゲンに圧力が加わったり変な方向に
向いてしまい 断裂してしまうことがあります。


そうなると今後は 本当の「たるみ」「シワ」が起きます。
だからまだ今の段階では 下手に対策を打たないことが大事。
唯一出来る対策としては 肌代謝を活性化させること。


肌の代謝を良くするためには ビタミンBやEなどの食事をとる
あとは規則正しい生活リズムを作り 同じ時間に就寝起床。
あとは余計なストレスを 体にため込まないことが大事。


当たり前のことですが きちんと実践出来ている方は少なく
この点を整えてあげることが20代のマリオネット線対策には
一番だと思います。

« スポンサードリンク »

マリオネットラインができる原因は?口角のたるみを進行させないために

いつの間にか あやつり人形の様に出来てしまった線。
マリオネットラインは そもそもどうして出来るの?


まるで腹話術の人形の様に またあるときは操り人形。
マリオネットができてしまうと かなり目立ちます。
ほうれい線ほどではないですが 老けて見える原因にも。


30代ではできる方はまだ少数で 40代50代と年齢を
重ねて行くに従って 徐々にできてくる女性が増えて
くるという特徴をもっています。


なかには20代でできる方もいますが 他に原因があり
正式なマリオネットというわけではありません。


どうしてマリオネット線ができてしまうのか?
その原因は 大きく分けて次の4つになります。


1.筋肉の衰え
・この原因がもっとも大きい比重をしめています。
 30歳を過ぎてくると顔全体を張り巡らせている
 表情筋が衰えてきてしまいます。

・マリオネットができるのは 主に口周りの筋肉が
 衰えてしまった結果 起きてしまうものです。


2.真皮の衰え
・これも加齢による肌老化の結果 起こってくるもの。
 肌の表皮のさらに下にある「真皮」部分が衰えると
 そこで弾力を司っているコラーゲンやエラスチンが
 減少してしまいます。

・肌の弾力がなくなってしまうと 日々私達が受けている
 重力に逆らえず たるみがでてきてしまうんです。


3.紫外線

・紫外線といえばメラニンによるシミというイメージが
 大きいかもしれませんが 紫外線は「たるみ」を生みます。

・紫外線を浴びることによって 真皮にあるコラーゲンが
 直接破壊されてしまうんです。


4.肌代謝が悪い
・これは間接的な理由になりますが 肌の代謝が悪いと
 不要な老廃物が溜まりやすくなり 脂肪代謝が悪くなり
 頬周りの肉付きがよくなります。

・肉がある場所がたるんでしまうと マリオネットが
 できやすくなってしまいます。


あとは骨格的な問題もありますが いずれにしてもこれらが
絡み合ってマリオネットラインが形成されてしまいます。


具体的な対策についてはこちら

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。