-PR-

ホーム » くすみ

黄ぐすみに効く抗糖化サプリメント|ビタミンCは美白効果が望めないワケ

顔が黄色く くすんでいるのを何とかしたい。
サプリを飲んで解消することって可能なの?


一定の年齢を過ぎると 老化による肌トラブルは
徐々に目立つようになってきます。
黄くすみもその一つで 加齢によって目立ちます。


美白化粧品を使っても その効果は今ひとつ。
メイクカバーしても 夕方にはくすみが出る。
元から解消できる方法は 無いものでしょうか。


サプリメントを摂取することで 体の内側から
黄くすみに対抗することができるようになります。


ただここで 間違えやすいポイントがあります。
それは「ビタミンC」のサプリを飲むことです。


たしかにビタミンCは メラニンを抑える美白効果が
あります。ですが「黄くすみ」は美白成分では
解消することはできません。畑が違うんです。


この点を抑えないと サプリをいくら摂取しても
お肌のくすみを改善することはできません。
では一体 どんな成分が効果的なんでしょうか。


そもそも黄くすみが起こる原因を抑えることが重要。
「黄くすみ」とはお肌が「糖化」することによって
起こる物です。この辺は既にご存じかと思います。


体内に蓄積した糖分と 肌のコラーゲンが合体して
変色してしまうのが 黄くすみの原因になります。
サプリ選びには 糖化を防ぐ「抗糖化」化粧品が必要。


糖分とタンパク質が 合体しないようにブロックする。
そうした成分が「抗糖化成分」といいます。
現状では数は殆どありませんので 貴重といえます。


具体的な成分の名前ですが
・桜の葉エキス
・シャクヤクエキス
この辺りが抗糖化作用が期待できるとされています。
なので サプリメント選びにもこのポイントを抑えて。


実際に「桜の葉エキス」で発売されているサプリも
ありますので ビタミンCを摂取するのはやめて
そちらに切り替えた方が 効果が期待できるでしょう。

« スポンサードリンク »

黄くすみを隠すのに良い下地は|肌の色を自然に白く見せるトーンの入れ方

お肌の黄くすみが 鏡を見るたびに気になる。
黄くすみをしっかり隠せる化粧下地が欲しい・・


加齢によって起こる 肌の糖化が原因の「黄くすみ」。
顔が黄色く暗く見えると まるで病人のような顔に
これが自分?とビックリした経験ありませんか。


黄色にくすんだ肌というのは 食生活や化粧品などで
地道に進行を食い止めるケアをすることが大事です。
そう簡単には治らないので それまではメイクで隠す。


ファンデーションで黄くすみをスッキリ隠せれば
メイクも楽に済ませられますが 簡単にはいきません。


イエロー系にするとくすみが酷く 明るくすると今度は
白く浮いてしまう状態になってどっちつかずに。


ベースメイクに余計な手間をかけたくない気持ちは
わかるのですが ファンデ1本に頼るのは限界。
そこで「化粧下地」という心強い味方があります。


もともとはお化粧の持ちを良くすることがメイン。
ただ下地にはお肌のトラブルを 無理がないように
目立たなくする効果が期待できるんです。


ではどういった化粧下地を選ぶのが良いのでしょう。
下地にもカラーがあって「ピンク・ブルー・グリーン
イエロー」などの種類があります。


黄くすみの場合は「イエロー系」を使うのが良いです。
色を白くする「ブルー系」がいいんじゃないの?
という声もありますが 下地の段階ではイエロー。


理由は 下地やファンデーションの段階では自然に
肌色を整えていくことが重要なんです。
仕上げに明るさを出すルースパウダーが鉄則。


初めから明るいベースを作ってしまうと どうしても
浮いた感じになってしまうんです。これが夕方の
黄くすみを余計に目立たせる要因になります。


下地でくすみの色味をしっかりなじませトーンを
徐々に薄くしてから 最後に首の色に合わせる。
こうすればナチュラルで崩れにくいメイクの完成。

« スポンサードリンク »

黄くすみを目立たなくするメイクの方法は?夕方に肌のくすみが気になる方

最近 顔の黄くすみが目立つようになってきた。
朝はメイクすればギリギリ隠せるけれど
外出して夕方になると黄色が浮かんでくるような。


しっかりカバーできる メイクの方法が知りたい。
何をどう使ってケアすればいいのかな?


昔からという人はごく少数で 30歳を過ぎた女性が
徐々に感じてくる肌の「黄くすみ」。
どことなく不健康な印象を与えてしまいますよね。


本来なら白く透き通った肌をキープしていきたいのに
黄くすみがあるから お出かけ前のメークも厚塗りに。
思い切り白くしても 夕方まで持たないという辛さ・・


どうしても顔の黄くすみって こうも厄介なんでしょう。
「黄くすみの原因」のページでもお話しましたが
体内にある糖分とコラーゲンが結合して 色が悪くなる。


日中にお肌は皮脂が分泌されて ファンデがそれを吸収。
また疲れによって血行が悪くなり 顔色がよどんでしまう。
こうした理由も 黄くすみを更に悪化させて見せます。


コンシーラーにしては範囲が広すぎるのもありますし
リキッドとパウダーでカバーしても厚くなりすぎる。
BBだとカバー力はあるけど 塗ってる感が出る。


ナチュラルにかつしっかり隠すために 必要なアイテム。
それは「化粧下地」かもしれません。
下地というと 毛嫌いする人が多いのも事実ですが。


「塗るのが面倒くさい」「逆に崩れやすい」という
マイナスのイメージに洗脳されている方も多いはず。
ただ お肌の状態を無理なく整えるなら必須です。


まずは下地を全体にムラなく塗って行くことが第一。
このときに明るさを出そうとせず やや暗めでOK。
その上にリキッドファンデを乗せていく。


後は首の色との差が出ないようにルースパウダーで
調整していけば ベース作りは完璧です。


下地なら「シルキーカバーオイルブロック」辺りが
塗りやすくてカバー力もしっかりあるから良いです。

« スポンサードリンク »

黄くすみが起こるのは何が原因なの?意外と知らない糖化のメカニズムとは

どうも顔が黄色くくすんでしまって困っている。
「黄くすみ」というらしいけど 何が原因なの?


もともと人間の肌は「イエロー系」か「ブルー系」
いずれかの肌色の傾向をもっています。


今回のケースは どちらともいえずただ単純に
黄色く黒くくすんでいる状態のことを指します。


たまに中年男性で あきらかに顔色が黄色い人とか
みたことありませんか?あれは黄くすみというより
肝機能に問題があって 色が悪くなった状態です。


基本的に全身が黄色くなったり 朝から晩までずっと
黄黒くなっているのでなければ 肝臓による機能低下の
可能性は低いので 安心してください。


そもそも黄くすみが起こる原因って何でしょうか。
黄くすみを語る上で外せないのが 肌の「糖化」。
この糖化による症状の一つが黄くすみなんです。


お肌の糖化。酸化なら聞いたことがあるという女性も
多いかもしれません。糖化は酸化と同じく肌の老化の
一つ
で お肌が衰えてしまったことによるもの。


糖化とは 体内に蓄積している糖分と 肌のタンパク質が
合体して起こる物なんです。タンパク質とはコラーゲン。
つまりお肌の真皮にあるコラーゲンが変質すること。


パンやご飯が焦げ付くと 黄色っぽくなりますよね。
それと同じようなことが お肌でも起こる訳です。
コラーゲンが変質して 肌が黄色くなります。


女性だと30歳を過ぎたあたりから こうした糖化が進み
最初は夕方だけだったのに 朝から常に黄くすみする。
そういう具合に悪化していくことがあるんです。


糖化を防ぐには 体内の血糖値を下げることが必要。
甘い物だけでなく 脂っこい食べ物を採るのも駄目。
糖化の原料になるものを体に与えないことが大事。


それにプラスして「糖化を防ぐ化粧品」なるものを
使ってケアすることも重要です。
糖分を完全にゼロにすることはできないので。

« スポンサードリンク »

カルボニル化による黄ぐすみに注意を|肌の糖化とは異なる原因で発生する

肌が「黄ぐすみ」してしまう原因は糖化だけでなく
「カルボニル化」によっても起こるから注意が必要!


鏡を見たら 肌が黄ばんだような黄色っぽい状態に。
メイクをしても 白く塗れば塗るほど浮いてしまう。
お肌の老化のせいで メイクもままならない・・


肌のターンオーバーが悪かったり 乾燥が進むと
灰色っぽいクスミが起きますが 黄くすみとなると
肌老化が原因となって起こるものです。


黄くすみの主な原因は 肌のタンパク質と「糖分」
が結合して出来る「糖化」によるものとされてました。


もちろん糖化の影響もあるのですが それ以上に厄介
なのが「カルボニル化」になります。


肌のタンパク質と「脂質」が結びついてできるもの。
これをカルボニル化と呼びます。


糖化とは影響を受けるタンパク質=真皮のコラーゲン
は一緒なのですが その原因が違うというわけです。


糖化であれば「抗糖化成分」としてシャクヤクエキス
などの成分が入った化粧品を使うことで対策できました。


しかしながらカルボニル化で出来た黄くすみは現時点では
解消できる手立てがないのが現状なんです。
なので未然に防いでケアすることがとても重要です。


対策は もっとも肌に影響を受けやすい「紫外線」対策を。
紫外線はシミだけでなく 活性酸素を生み出す酸化に
加えカルボニル化を促進させるから恐ろしい物です。


あとは普段からの生活習慣も原因してくると言われてます。
タバコ・ストレスや暴飲暴食なども引き金になります。


当たり前の規則正しい生活を どれだけ維持できるのかが
問われてくることになるでしょう。


« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。