-PR-

ホーム »  ほうれい線

笑うとほうれい線の跡がくっきり残る|肌の弾力を取り戻すのに必須のケア

最近人前で笑うのが嫌になって来てしまっている。
笑ったら ほうれい線の跡が残ってしまう・・


加齢の影響で 若い頃からでやすい「ほうれい線」。
頬と口元の間を斜めに走るラインって 目立ちます。


骨格上 生まれつきほうれい線が出やすい人も
いますが うまくほうれい線と付き合っていて
逆に違和感を感じさせない人もいます。


でも大多数の人は ほうれい線が見えてしまうだけで
老けて見える要因になってしまう。だから目立たないように
日々ケアしているのではないでしょうか。


笑った時だけ ほうれい線が出来るのならまだ初期段階。
でもその跡が残ってしまうのは 確実に弾力不足の証拠。


ほうれい線は「肌のたるみ」。原因は大きく2つあって
「表情筋」と「皮膚」の衰えの2つが組み合わさります。


今回のケースだと「皮膚」で起こる「弾力不足」が原因。
よく言われている「表情筋」をコロコロでマッサージ
というやり方は効果が期待できません。


弾力不足を回復するには 化粧品を使ったケアが有効。
お肌のコラーゲンやエラスチンが不足しているので
それらの生産能力を高めてあげないといけません。


皮膚から直接補うことができない成分なのが悩ましい。
現実的な対策は「繊維芽細胞」というコラーゲン達を
作り出す細胞を活性化させてあげること。

そのために必要な成分は
・ビタミンC誘導体  ・レチノール
この2大成分が代表的なものです。


両方必要なのではなく どちらか一方が含まれているのを
探せば良いでしょう。


化粧水もしくは美容液で該当する物はたくさんあります。
あとは使い心地や肌の相性の問題もありますので
慎重に判断しながら 少しずつ使っていくのが良いです。


○関連する話題
→ほうれい線みたいな笑いじわで困っている人



« スポンサードリンク »

できはじめたほうれい線が気になる|たるみ対策は皮膚と筋肉のダブルケア

鼻のよこあたりに うっすらと出来てしまった線。
ほうれい線のような線をなんとかしたい!


ほうれい線・ゴルゴ線・マリオネット線は加齢線
といって たるみが原因で起こる溝のこと。
あるだけで年齢を感じさせてしまいます。


このうち「ほうれい線」は若い人でもできやすく
一度ついてしまうと なかなか消えないから厄介。


鼻の横から斜めに伸びてくるシワのようなライン。
光の当たり具合でそれが目立ったり目立たなかったり。


メイクしていても お出かけ前はカバーできるけど
笑ったり時間がたったときに ファンデがよれる。
だからあまり人前で表情を崩せなくなった。


何でもそうですが「できはじめ」のケアが大事。
今すぐできることを 継続的に行うことが必要。
具体的には どんなケアをすれば良いのでしょう。


たるみが起こるのは「筋肉」とその上にある「皮膚」
この2つの衰えが原因。なのでそれぞれをケアする。
最も効果的なのは筋肉と皮膚のダブルケア。


1.筋肉=表情筋のケア
・頬周りの表情筋がおとろえてしまうと 重力に負け
 垂れ下がってしまいます。ほうれい線の原因に
 なるので しっかり鍛えることが大事。

・頬を膨らましてキープするフェイスニングをしたり
 美顔器で表情筋を鍛えるのが効果的。
 ヤーマンのフェイササイズUPがいいでしょう。


2.皮膚のケア
・土台となる筋肉を鍛えつつも 筋肉の上にのる皮膚の
 弾力もケアすることが大事。

・ビタミンC誘導体やレチノールなどのコラーゲンを
 復活させるサポートをする化粧品でケアを。

・ピュアアンドシルクというほうれい線に直接塗れる
 化粧品もありますのでそちらもチェック。


どちらか一方ではなく 両方をケアする習慣を。
できはじめだからこそ 効果を実感しやすいです。


→こちらのほうれい線ケアもオススメ




« スポンサードリンク »

歯磨きしながらほうれい線ケア|歯ブラシを使ったエクササイズ法で若返る

徐々に鼻の横から走ってくる線が 目立つようになってきた。
目立たなくするために いいケアの仕方ってないのかしら・・


鼻から口角に向けて伸びてくる 厄介なたるみの「ほうれい線」。
線が両サイドに1本入るだけでも こんなに老けて見えるものかと
鏡の前で 興味ため息をついていませんか?


線のようにみえるけれど「たるみ」が原因なのがほうれい線。
頬周りの表情筋が衰えてしまったこともありますし 皮膚の弾力
それ自体がなくなってしまい 垂れた皮膚が重なってしまいます。


すでに解消のためにいろいろマッサージを実践していたり
化粧品や美顔器を併用させている方もいるかもしれません。
それらのケアにプラスして 簡単にできるケアを紹介します。


たるみの大元の原因は 表情筋の衰え。これを肌の内側から
マッサージする「歯ブラシを使ったエクササイズ」があります。
毎日の歯磨きの時に 一緒に取り組めるのでお手軽ですよね。


歯ブラシを口の中にいれて ブラシの柄の部分を頬の内側に
あてていきます。内側から頬を伸ばしていくような感じ。
内側から伸びきった状態のまま 10秒間その状態をキープ。


今あてている場所より もっと上の場所に歯ブラシを伸ばして
斜め上に頬を伸ばすような状態にして 同じく10秒キープ。
これを反対側でも同じようにやっていきます。


いつもの歯ブラシの時間プラス40秒で 頬の内側からの
表情筋アプローチができるんです。


いつも肌の表側だけのケアですが 裏側ものばして鍛える
ことによって 表情筋対策として効果を発揮していきます。


あとは普段から頬を膨らますなど こまめに下がった表情筋に
刺激を与えるケアをしていくことで 徐々に鍛えられていきます。
化粧品によるケアと平行させていくことで 回復するでしょう。


ほうれい線の溝が目立たなくなれば マイナス5歳になることも
無理な話じゃありません。


こちらの記事もよければどうぞ。
→ほうれい線と頬のたるみが気になる方へ


« スポンサードリンク »

二重ほうれい線ができてしまったら | 肌をリフトアップする2つの方法

顔にできたほうれい線、そこからさらにもう一つ、しわのような
たるみが出来てきたんだけど・・これってどう対処したらいい?


加齢と共に、増えてくる一方の肌トラブル。シワができたかと
思えば、今度はたるみなどとどまることをしりません。
かといって、そのまま放置するとどんどんエスカレートします。


「二重ほうれい線」というのをご存じでしょうか?ほうれい線は鼻の
付け根の横から頬に向けてできる線というのは知っていますよね。
そこにさらに、マリオネットラインを加えたものをそう呼びます。


マリオネットラインとは、操り人形の口元のようにできる線のこと。
口角からアゴにむかって垂直斜めにできてくる、肌のたるみ。
腹話術のようにも見えるから、とても恥ずかしいもの。


ほうれい線一つだけでもケアが大変なのに、さらにマリオネットまで。
ため息ばかり出るような肌トラブルですよね。これはお肌のたるみが
かなりの状態まで進行していると言うことの表れです。


お肌のリフトアップ化粧品というのもありますが、全体的に進行して
いるので、あくまで補助的に、過剰な期待はせずに使っていくことが
望まれます。


一番効果が期待できるのはマッサージ。両手の指先をそろえる形で
口角のあたりを押し上げながら円を描くように回していきます。
そしてそのあとは頬の横も同じようにケア。


このマッサージを、お風呂に入ってお肌が柔らかくなっているときに
繰り返し繰り返し行っていくのがベターです。凝り固まった表情筋を
ほぐして引き上げるという意味で、効果が期待できます。


あとは普段の生活で、お肌が重力に負けないようにリフトアップできる
グッズを使ってみるのも一つの手。頭からかぶってアゴの部分をすっぽり
覆って使える「リフトアップバンド」などで、普段からクセ付けする
というのも有効な手段です。


とにかく根気、地道さが必要とされる二重ほうれい線のケア。顔全体が
重力に負けないように、しっかりと継続していきましょう。



« スポンサードリンク »

ほうれい線と頬のたるみが気になる30代 | 顔の筋肉を鍛えるのが鍵

30代になってから、頬がたるんできてほうれい線も目立ってきた。
何かいいケア方法ってないのかしら?


20代から気になっていた人も、30代になってから出てきた人も
共通して悩む頬のたるみ。できてしまったのは仕方ありませんが
ケアをしっかりしないと、40代以降にブルドック顔になってしまうことも。


頬のたるみが出始めたと同時に、ほうれい線も出始めることがあります。
ほうれい線もたるみなので、頬と連動してセットで出始めたということでしょう。


ケアの方法としては、出来る場所は違っても同じたるみなので、
両者をまとめてなんとかする、という考え方で良いと思います。


加齢によるたるみを消すには、コラーゲンの減少を補う必要があります。
よく、コラーゲンドリンクが売られていて飲むとハリを実感するという声も
ありますが、直接たるみに働きかけるのなら化粧品の方がおすすめ。


肌から直接コラーゲンを補うことはできないので、ビタミンC誘導体などで
コラーゲン生成の働きを活性化するものを使うとよいでしょう。


それと平行させて、表情筋を鍛えるケアを。頬のあたりから口の周りまで
表情筋をハンドマッサージしながらリフトアップ。筋肉を鍛えるので、
正しく行えば行うほど、成果として見返りが上がってきます。


ただし、続けられる意志が必要。
表情筋を鍛える書籍や情報はネット上で入手できるので、自分に合いそうな
ものを選んでみると良いでしょう。


いずれにしても、化粧品一つでバッチリ改善というものではないので、
ある程度の根気が必要になってくるのはいうまでもありません。


30代でたるみができるのは仕方がありません、でもこの時期の頑張りが
40代以降の肌老化対策として重要だから念入りケアを!






« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。