-PR-

ホーム » 芸能人

AKBに老け顔の人が多いのはナゼ?年上に見られる女が抑えておきたいケア

トップアイドルとして今も君臨し続けているAKB。
ブームで終わらず茶の間に根付きつつある彼女たち。
その魅力は親しみやすさという点にあるかと思います。


手が届かない程の美少女ではなく その変にいそうな
可愛い子。だから身近に感じられるかもしれません。


AKBの女性で印象的なのが まだ10代後半や20代
なのに「老け顔」の女性の割合が多いこと。
30代に見える人も少なくありませんがなぜでしょう。


もともと老けて見える顔の作りも影響してきますが
人気者のAKBだから 顔に疲れがどっと出ている。
それがメイクのりの悪さにも反映されています。


売れっ子になるほど舞台公演だけではなくてメディアの
対応もしなければならないから 睡眠不足やストレスが
たまるというのは当たり前かもしれません。


栄養ドリンクではその場しのぎにしか過ぎず プラセンタは
20代ではまだちょっと早いです。


老けて見える原因の所でお話しましたが 若々しく見せるには
どうすれば良いでしょうか。


彼女たちのように 忙しい日々を送っていて老け顔に見られる
ことが多い20代30代向けのケアを紹介します。


20代ではたるみが本格化している女性は少ないもの。
睡眠不足でゴールデンタイムに成長ホルモンが分泌されず
結果としてお肌のターンオーバーが遅れてくすみがちに。


睡眠時間がうまく確保出来ない方は ピーリングを軽くして
お肌の生まれ変わりを強制的に行うというのも手。
週に1度 ピーリング洗顔料でケアすると良いでしょう。


あと疲れは目の下に来やすいので 目元の血行を常に良くする
そうしたケアを心がけるとよいでしょう。具体的にはビタミンK
を含む緑黄色野菜と食べたり K配合のクリームを塗ること。


もちろん睡眠がとれるときはしっかりとっていくことが大前提。
メイクのりの悪さはとにかく保湿をすれば解消できるはず。
老け顔と言わせないように 出来るケアはどん欲にしましょう。

« スポンサードリンク »
タグ / AKB 老け顔

アイドルなのにほうれい線が目立つ人|たるみやすい骨格とどう付き合うか

まだ若いのに なぜかほうれい線ができてしまう女性っています。
それは一般人だけでなく芸能人というか アイドルにもたくさん
いたりしますよね。


あまり例を挙げるのはよくないのかもしれませんが AKBの大島優子
そして指原莉乃。そして女優でいえば長澤まさみなどが目立ちます。


あとは自分の身の回りでも かわいいのにほうれい線がでている・・
という女性っていたりしませんか?顔全体が老けているのならば
仕方ないのかなって思いますけど それがなかったらもっともっと
若さがでて可愛らしいのにな。という「もったいないほうれい線」。


そもそもほうれい線は 30代以降の女性が経験するお肌の「たるみ」。
肌の真皮にあるコラーゲンの作られる量が減ってしまうから
こういったことになってしまうんですよね。


ただし30代というのはあくまで一般論で 若くしてほうれい線が出る
その理由は「顔の骨格」によるものなんです。だから美容整形でも
しない限りはスッキリ直すというのが難しい場所なんです。


ほうれい線ができやすい傾向としては 目鼻立ちがはっきりしてたり
頬骨が通常の人よりも出ている傾向があります。その結果として
盛り上がった先の頬の横との段差が大きくなり 目立ってしまいます。


こういう人は 30歳を過ぎてしまうと加齢によるたるみも加わるので
さらに目立ちやすくなってしまうという傾向にあります。
だから今のうちから 人一倍の努力が求められて来ることになります。


頬骨を矯正したりすることで対処方法はあるみたいですが そこまでの
お金とリスクを考えるよりも 今あるほうれい線といかにうまくつきあい
かつ進行を食い止めていくのかということを考えるべきでしょう。


普段からの表情がイキイキしている女性は ほうれい線さえも味方に
しているものなんです。老けて見えるという現実を受け止めつつも
前向きに笑顔の多い人生を送ることで男性からも女性からも愛される人に。


こちらの記事もチェック↓↓

→能年玲奈の様なカッパ口になるメイクのコツ

→永作博美の様なシワのない美肌に憧れる


« スポンサードリンク »

能年玲奈の様なカッパ口になるメイクのコツ|V字口を自然に見せるには

つい最近まではアヒル口として流行していた「口の形」。
今度は「カッパ口」が好印象みたいだけど どうなの?


唇をまるでアヒルのように唇を突き出して 口角を気持ち
上げ気味にして写真に写るのが一時期はやりましたよね。
どちらかというと男性受けが良いのが このアヒル口。


もともとが可愛らしいキャラで通っている女性であれば
いいのですが そうでないと「ブリッ子してる」などと
批判されやすいのも この唇の一つの特徴でした。


評価を受ける一方でアヒル口が大嫌いという人も根強く
あまり誰の前でもするというのが 微妙な空気です。
それに代わって今注目されているのが「カッパ口」。


唇を突き出すのとは正反対で 口をすぼめるような状態で
ちょっと唇が隠れているような状態のことをさします。


アヒル口は計算高いイメージがどうしてもついているのに
対し カッパ口はちょっとすましたようなお茶目な口元。
ナチュラルでちょっと憎めなさが残るような表情に。


唇の形がV字の形になるので「V字口」ともいわれています。
芸能人ではあまちゃん効果で旬の「能年玲奈」が代表的。
同じ玲奈つながりで「トリンドル玲奈」などもカッパ口。


童顔であどけなさが残っている そんな自然の魅力をさらに
ひきたてるようなのがカッパ口。さりげなく唇をすぼめる
そうした仕草をしてみるのも いいかもしれませんね。


カッパ口が可愛くみえるコツは ナチュラルメイクが基本。
あとはリップの色を落ち着いたトーンでマット調にする。
唇を強調しないようなメイクをするのがコツといえます。



口紅は明るくせずツヤを出さず。チークも塗らずに
薄塗りのファンデを全体になじませるような感じで。
全体のナチュラルな雰囲気作りを意識しましょう。


あとは普段の表情で さりげなく唇をなめるフリをして
すぼめるようにすると効果的かも。ただあまりやりすぎは
反感を買うので あくまでも控えめにして。


→ナチュラルメイクに見えるファンデを知りたい方



« スポンサードリンク »

永作博美の様なシワのない美肌に憧れる|40代女性が学ぶべきポイント?

40代ともなると、お肌の急速な衰えを感じやすい年代でもあります。30代までは
なんとか美肌をキープしていた人でも、40代を迎えたとたんに肌トラブルがどっと
湯水のようにわき出てしまってお手上げ状態・・そんなことになっていませんか?


これまでのスキンケアがしっかりやってきたかの結果が出ているのも40代の特徴。
肌トラブルが急にでるのはそれまでのケアが不十分だったポイントがあるはずです。
とはいっても、過去のスキンケアを検証するのは難しいですよね。


終わってしまったことや過去の美肌をあれこれ考えるのではなく、未来を見ましょう。
そのときにお手本にしたいのが「永作博美」さん。彼女は40代とは思えないほど
若々しくてシワも全然なくて、美しさを保っていますよね。


女性だけでなく、幅広い年代の男性からも圧倒的支持を受けている彼女。なんといっても
魅力は「40代に見えない」美肌。元々が童顔という点や芸能人だから美容にかけるお金を
たっぷりかけられるという点は差し引いても、これだけのクオリティを保てるのがすごい。


かといって人工的にリフトアップしたとか、矯正しているような雰囲気もなくナチュラルな
美しさを出しているのも魅力です。美白美白していないといいますか、下手に厚塗りして
隠すということをしていないのが自然体の美しさを醸し出しています。


そしてシワタルミがほどんどないという点。ただ彼女の場合はピンと肌が張っているような
印象ではないので、そこまでタルミ対策に力がはいっていないのかもしれません。


これらの点からアラフォー女性が学ぶべきことは、下手に美白やたるみ対策に走らない。
素肌の美しさを保つにはどうすれば良いかという点からケアをしていくのがベターです。
具体的には、日々の保湿ケアをしっかりする。その下地作りが大事かと思います。


40代だからお手上げ・・といったり、朝から晩まで美顔器したり厚塗りメイクするのでは
なくて、保湿重視の素肌ケアをしていくことが彼女のような肌に近づく近道かもしれません。


« スポンサードリンク »

松嶋菜々子から学ぶたるみのない美肌|40代の肌老化との向き合い方

アラフォーを迎える世の女性にとっては、お肌のたるみや劣化で悩んでいる人も
少なくありません。いろいろなケアを試してみても、なかなか結果がでないから
もうケアしても、たるんだ肌を回復させるのは難しいのかな・・とあきらめモードに。


ですが、まだ40代であきらめる必要は全くありません。芸能人でもアラフォーなのに
「等身大の美肌」をもった方がいますので、目標にすべき人がいます。それは
「松嶋菜々子」さん。40代を控えた彼女ですが、綺麗な肌状態を保っています。


芸能人と自分はお金のかけ方が違うから・・というあきらめモードを持って欲しくは
ありません。あまり失礼のないような言い方をしたいと思いますが、この方は20代
のような圧倒的な美肌というわけではないと思います。それなりに年を重ねてる
そんな印象の肌です。


圧倒的な美白でもないですし、ほうれい線も若干目立つような顔立ち。でも頬にハリ
がしっかりあって、ほうれい線のマイナス印象を打ち消しています。ポイントは抑えた
ケアをしているのでしょうか。劣化した様な印象を感じさせない仕上がり。


もともと持っているオーラというものがあって、雰囲気だけでも若々しく美しい印象が
あります。ですが、作り込みすぎない美しさといいますか、肌の衰えがあるのを下手に
隠そうとしていないのがナチュラルな美しさを演出していると思うんです。


女性としての開き直りというか、前向きな自然体をさらけだす。でもポイントは抑えた
美容法をして、頬はちゃんとハリがでている。一般女性でも、この女優さんから学ぶ
べきことは大いにあるのではないでしょうか。


衰えと向き合いつつ、無駄に隠そうとしない潔さ。でもケアも怠らない。そんな姿勢を
感じていただければこれから先のスキンケア、メイクそして美顔ケアの取り組み方も
変わってくるのかもしれません。


40代で20代に見えるような肌も憧れますが、40代なりの美しさをもった肌もとっても
素敵だと思います。

« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。