-PR-

ホーム »  インナードライ

インナードライにホホバオイルを使っても大丈夫?顔に油分は常に必要

お肌カサカサ、表面テカテカのインナードライに困ってる。
ホホバオイルをスキンケアとして使っているけど大丈夫かな?


スキンケアの実績と評判の良さで、不動の地位を確立した
ホホバオイル。人間の皮脂に近い成分を使っているから、
お肌に負担がかからないことが自慢のスキンケア用品。


特にどんな肌質の方でも使えるという万能性。乾燥肌、混合肌
オイリー肌だろうがケアできるすごさ。
クレンジングから化粧水、メイクの下地と使える場所も自在。


と、これだけ万能なホホバオイルですが、インナードライ対策として
使っていても問題ないかどうかは不安になりやすいところ。
油分を使っているから、テカリを余計増殖させてしまわないかが不安。


でも、結論から言うと「使って問題はありません」。
インナードライの根本原因から考えてみると、答えが導き出せます。


もともとはお肌の乾燥した状態。その乾燥をお肌がセンサーが受け止めて
水分を補うべく、油分を放出してしまっている状態。
だから、油分があることが問題なのでなく、水分が少ないことが問題。


適度な油分は、どんな状態だって必要なんです。
だから、スキンケアで使っても、ホホバオイルが顔に残って問題有りません。


あとは水分さえ補えば、お肌は油分と水分のバランスがとれていると判断。
それ以上の油分分泌を抑制します。


油分ばかりが目にいって、それを含む物はすべてダメなんじゃないかと
いう判断をしてしまいがちですが、それは間違い。
ただ、あまりにもテカリがひどい場合はティッシュで抑えると良いでしょう。

« スポンサードリンク »

冷房の効き過ぎでインナードライになる?夏場の乾燥も原因の一つ

夏場に空調の効いた部屋にいることが多いけど、
これもインナードライの原因になっているものなの?


インナードライになるとテカリとカサカサの両方があって大変。
元々の原因は肌の内側の乾燥からくるものだから、
当然ながらお肌が乾きやすい環境にいると、なってしまいがち。


冬場だと暖房+空気の乾燥でインナードライになりやすそうですが、
夏場だって同じ。冷房が効いたオフィスなんかにいっても顔が乾燥。
ただ汗をかいているから、乾燥しているという意識が薄いかもしれません。


でも、冬場と同様肌はカサカサになるくらいの乾燥状態にあることが
多いんです。それは湿気でじめじめしていても同じ。


お肌が乾燥することで、油分と水分の調節バランスが崩れます。
それによって、水分不足を補うべく油分が過剰分泌されてしまいます。
これが、乾燥しているのに顔がテカっているという状態なんです。


たしかに汗をかいているからテカっていると錯覚してしまいがちですが、
冬以上に、夏はインナードライであることを見落としがちなんです。
夏場の乾燥、汗をかいているからと安心せずにしっかりと潤い補給を。


もう一つ気を付けたいのが、皮脂の落としすぎ。分泌過剰になっている
ところに、さらに汗でギトギト。これを一気に落としてしまうと
油分不足を肌が感じて、さらなる皮脂分泌につながってしまうから注意。


一生懸命ケアしているのに、なぜか顔のテカリが抑えられない・・
そんな悩みを抱えているなら、今一度過剰ケアの見直しを。


冬以上に、夏場のインナードライは細かなケアが必要かもしれません。
とにかく、化粧水で保湿をすることを入念に。


→インナードライになる原因を詳しく知りたい方はこちら>



« スポンサードリンク »

インナードライ対策はさっぱり又はしっとり?乾燥対策が化粧品選びのカギ

顔がどうやらインナードライになってしまったみたい・・
化粧品でケアをしたいけど、どのタイプのものを使えばいいの?


女性にとっては尽きないお肌の悩み。インナードライになると
テカリとカサカサ両方に悩まされるから、対策が難しいところ。


お化粧品を使って水分補給するのが第一の方法なのですが、
化粧品一つにしても、いろいろとタイプがありますよね。


保湿重視の「しっとり」タイプなのか。
アルコール分が多めの「さっぱり」タイプなのか。


ただ、しっとりを使ってしまうと肌表面のテカリがひどく
なってしまうんじゃないのかな・・という不安もあります。


その点をふまえて結論を申し上げますと、
「しっとり」タイプがベターかなと思います。
一番大事なのは「保湿」だからです。


インナードライの根本原因は、お肌の乾燥なんです。
その乾燥による水分不足を補おうと、油分が分泌されてしまった状態。
だから、根っこにある水分の補給を第一に考えてください。


となると、潤いをしっかり補給できるしっとりタイプの選択を。
あとは肌表面のテカリが気になる所ですが、心配有りません。


水分が十分に補給されていれば、いずれ適正な油分になるはず。
だから過剰分泌としっとりが混ざってさらなるテカリ・・という心配無用。


むしろ、テカリを抑えようとして皮脂をとってしまうことが危険。
不自然にとってしまえばしまうほど、皮脂は過剰分泌されてしまいます。


インナードライ対策の基本はしっとりタイプの化粧水。
テカリが気になっても、あぶらとり紙で無理にとらないこと。
この2大原則を忘れなければ、徐々に回復はしてくるはずです。



« スポンサードリンク »

インナードライ対策に水を飲むのはどう?水分補給よりも化粧品ケアが重要

顔はテカって、でも内側がかさつくインナードライ。
対策の一つとして、お水を飲むのが効果的って本当?


自分のお肌の状態を注意深く観察していないと、なかなか
発見できないのがインナードライ。
ただ、それに気づけたとしてもちゃんと対策出来るかが次の関門。


肌の乾燥が原因だから、水を飲む。結論から言うと間違いでは
ありませんが、的を得たケア方法ではありません。


よく、「1日2リットルの水を飲むとお肌がキレイになる」という
話がありますが、かなり個人差があるのも事実。
ちゃんとした関係が報告されているわけではありません。


まあ、代謝が良くなってお肌が活性化するという理屈なのかも
しれませんが。インナードライについても同じような感じです。


水をとっていけば、お肌の乾燥にも潤いを与えられて
なんとなくよさげな感じがしますが、直接影響は及ぼしません。
それよりも、化粧水でしっかり保水保湿対策をするのが効果的。


お肌の表皮にある天然保湿因子やセラミドの保湿成分、
そして真皮にある潤い成分のコラーゲンやヒアルロン酸。
これらの働きを補う美容成分が必要なんです。


セラミド入り化粧水を補給してあげるのが一番の近道。
口から摂取するお水がこれらの成分に直接影響はしません。
せいぜい、お肌の代謝を上げて調子を良くさせるくらいの程度。


インナードライ対策は、水分補給よりも化粧品でケアをする!


→インナードライの化粧水はさっぱり?しっとり?




« スポンサードリンク »

すぐ実践できるインナードライのケア | 油分と水分の正しい補給が大事

顔がテカっているけどお肌が突っ張って困る・・
そんな「隠れ乾燥肌」ともいえる、インナードライで悩んでいる方へ。


表面上はお肌がオイリーになっているから、そこをケアすれば
いいと安易に考えてしまいがち。でも、ケアしても逆に皮脂が増えてくる。
だけど肌の内側は突っ張るし、カサカサ違和感がある。


で、対策がよくわからないまま乾燥が進行してしまう。
そうなってしまうと大変。シワや肌老化が水面下で進行してしまいます。
だからこそ、適切なケアの仕方を知っておく必要があります。


人間のお肌って一筋縄でいかないから、今日まで大丈夫でも明日不調に
なるかもしれません。だから注意深くお肌の様子を観察して、
ちょっとでもおかしいと思ったら情報を集めた方がいいです。


さて、本題に入ります。
インナードライにかかってしまった時のケア方法について。
大きく分けて2つあります。いずれもシンプルな原則です。


1.油分を「適切な量」だけ補給する
 こう書くと、「油分があるからテカってるんでしょ?」という反論も
 あるかと思います。確かにそうなのですが、油分を無くすことが危険。
 
 人間のお肌は常に油分と水分の調節を行っています。ケアで油分を
 極端にへらしてしまうと、不足を感じがお肌が油分を分泌してしまう
 んです。だから、お肌にそう感じさせてはいけません。

 あぶらとり紙で拭き取るのはNG。せいぜいティッシュで軽く抑える程度。
 クリームももちろん使います。ただ、薄塗りをして量は抑えめに。
 油分をつけすぎると、そこからホコリや汚れが付着しやすくなります。


2.水分補給をしっかりと
 そもそもの原因はお肌の内側の乾燥にあるインナードライ。
 だから当然、お肌の内側に水分を届けてあげるケアが必要。
 保湿成分セラミドを含む化粧水を使って、たっぷり潤いを。

 乾燥肌の場合は、化粧水の浸透力が悪いことも考えられるので
 「ブースター化粧品」を使って、美容成分が浸透する「通り道」を
 作ってあげてから化粧水を使うと効果的。

 とにかく、たくさんの量をお肌のすみずみまで届けるのが必須。


いずれも特段目新しいケア方法ではありません。
シンプルだからこそ、すぐに実践できて効果をあげられる。
なぜそのケアをするのか?という原則を抑えておけば今後も応用が効きます。




« スポンサードリンク »
TOPへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。